2018年10月31日 更新

ジャガー「XE」初の改良新型、インジニウム×48VマイルドHV最強エンジン搭載へ!

ジャガー「XE」改良新型の最新情報をお届けします。

ジャガー「XE」初の改良新型、インジニウム×48VマイルドHV最強エンジン搭載へ!

ジャガー「XE」とは?

ジャガー「XE」の歴史は、ジャガー初のコンパクトセダンとして、2001年にデビューしました。『Xタイプ』の後継モデルとなる「XE」です。

2015年に発売された現行モデル以来、これが「XE」の初めて改良となる「改良新型」となります。

最新情報!

ジャガーの欧州Dセグメント・スポーツサルーン『XE』の改良新型プロトタイプを、灼熱のアメリカ・カルフォルニア州デスヴァレーで、カメラで初めて捉えることができました。

写真から見て取れるように、かなり重いカモフラージュから、「フロント&リアの大刷新がされるのでは?」と可能性があり、大に期待できます。
フロント

フロント

サイド

サイド

リア

リア

カメラで捉えたプロトタイプですが、新グラフィックのヘッドライトの一部と、リフレッシュされたバンパーやエアインテークが見て取れます。

リアコンビランプのデザインも再設計されると噂されています。

 (48343)

今回は、キャビンも撮影に成功することができましたが、最新世代のインフォテインメントと、新しいトリムオプションが用意されています。

今回の改良での最大の目玉となるのが、ボンネットの下にあります。

ジャガーはすでに、2020年以降に発売するすべての車種のパワートレインを、「電動化する」と発表してしますので、この「XE」改良モデルにもラインアップされる可能性が高いからです。

予想されているパワーユニットは、優れたパフォーマンスと経済性を両立する、ジャガー自慢の「インジニウム」 2リットル直列4気筒と組み合わされる、48Vマイルドハイブリッドでしょう。

さらに、アイドリングストップ機能となる、「ジャガー・インテリジェント・ストップ・スタート・システム」を搭載して、排出ガスの低減と燃費向上を図ると考えられています。

また販売不振と排気ガスの規制により、廃止された「V6エンジン」は今回の改良新型では、引き続き搭載されないと思われます。

今後情報

「ジャガーXE初の改良新型」の最大のライバルは、メルセデス『Cクラス』となりますが、改良新型を発表したばかりですし、BMW『3シリーズ』新型は、この10月にも発表が期待されているため、「XE」の改良は急務となっています。

披露となるワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力とされていますが、今後の動向から目が離せません。

引き続き、最新情報をお届け行きます。

ジャガー「XE」って?

ジャガー史上、最も先進的な効率性と洗練性が息づくスポーツサルーンとして、販売されました。

XEの空気抵抗係数はわずか0.26で、空気を切り裂くように駆け抜けます。 エンジン性能も追求され、 卓越したパワーとトルクを誇る、インジニウム2.0リッター4気筒300PSターボチャージドガソリンエンジンは、 1,500~2,000rpmの実用的な回転域で最大トルクを発揮し、力強い加速やスムーズな追い越しを可能にしています。

耐久性を妥協することなく重量を抑えるXEの強靭な軽量アルミニウム構造が、ほぼ50対50の最適な重量バランスの実現をサポートしています。

この軽量構造は、燃料消費とCO2排出量を削減するだけでなく、最低CO2排出量109g/km1や最高速度250km/h1など、あらゆる性能の達成に貢献しているそうです。

XEモデルの紹介
・XE PURE:車両本体価格4,660,000円~
・XE PRESTIGE:車両本体価格5,480,000円~
・XE PORTFOLIO:車両本体価格6,810,000円~
・XE R-SPORT:車両本体価格5,880,000円~
・NEW XE LANDMARK:車両本体価格6,330,000円~
・NEW XE 300 SPORT:車両本体価格7,380,000円~
・XE S:車両本体価格8,540,000円~
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部