ポルシェ「911スピードスター」新型、最終デザインがすべて見えた!

ポルシェ「911スピードスター」の最新情報をお届けします。

最新情報!

6月8日、ポルシェは、創業70周年を記念する「911スピードスターコンセプト」を発表しました。 当初このプロトタイプは、コンセプトモデルの市販型と予想されていましたが、最終デザインを見る限りコンセプトとは別の、あくまでも伝統の「911スピードスター」新型であるようです。
 (37977)

コンセプトモデルがレトロルックなのに対し、こちらは「911カブリオレ」と「911 GT3」の最新ミックスデザインが採用されています。 デュアルエキゾーストパイプ、フロントバンパー、ホイールは「GT3」同様ですい。異なるのは、カーボンファイバー製ダブルバブルルーフやリアクティブ・リアスポイラーを装着している点でしょう。 またアクティブリアスポイラーの下には、第4のブレーキライトも確認出来ます。珍しいが、恐らくスポイラーが上がった時に第3のブレーキライトが遮られるからでしょう。 パワートレインは、「911 GT3」から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載しています。最高出力は500ps、最大トルクは459Nmを発揮すると見られています。

サイド

 (37980)

リア

 (37982)

今後情報

発表時期は、2019年まで公開されないという情報もあれば、新型「911」が発表される、秋以前という情報もあるため断定出来ない状況です。 今年は、スピードスターにとっても70周年記念イヤーとなります。そのため、誕生年の1948年と同じ1948台の限定生産と噂されています。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。