現在、軽自動車で唯一の電気自動車!三菱のi-MiEVを紹介します。

現在、国内の100%電気自動車は日産のリーフが有名ですが、軽自動車にも実はこの三菱のiMiEVが100%電気自動車として販売されています。今回はこのi-MiEVを紹介していきます。

i-MiEVってどんな車?

エクステリア | i-MiEV | コンパクトカー | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (39106)

i-MiEVは三菱が2010年4月から一般向けに販売された100%電気軽自動車です。 国内で100%電気自動車は普通自動車の日産リーフと商用バンのe-NV200とこの三菱のi-MiEVだけとなっており、軽自動車ではi-MiEVのみとなっています。 電気自動車というだけあって静粛性のある走行が特徴であり、通常の軽自動車では味わえないドライブを楽しむことが出来ます。軽自動車でサイズもコンパクトなので運転が苦手な方にもオススメです。

i-MiEVの外観

エクステリア | i-MiEV | コンパクトカー | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (39113)

i-MiEVの外観は他の軽自動車と違って独特なフォルムになっています。フロント部分の丸みが特徴的で、電気自動車という点を主張しているような近未来的なフォルムになっています。 全体的にかわいらしい印象がありますので、女性の方にも受け入れられやすい車でもあります。

i-MiEVの内装

X | グレード&価格 | i-MiEV | コンパクトカー | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (39121)

室内は通常の軽自動車と同じくらいのスペースは取られており、快適に4人乗車できます。荷室もリアシートを倒せば、特別大きな荷物でなければ積むことは可能です。 運転席周りも標準的な軽自動車の仕様となっていますが、メーターはデジタルメーターになっています。電気自動車らしく先進的ですね。
インテリア | i-MiEV | コンパクトカー | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (39149)

i-MiEVの走行性能

エクステリア | i-MiEV | コンパクトカー | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (39153)

i-MiEVは他の軽自動車と違い電気自動車であるため、とても静粛性のあるドライブを楽しむことが出来ます。
そして床下中央に駆動用バッテリーを搭載しているため、軽自動車特有のコーナリング時のふらつきを軽減してスムーズに走れます。 電気自動車特有のモーターによる加速も魅力的です。通常の軽自動車では登坂などでパワー不足に陥ることが多いですが、i-MiEVは力強く加速し、ストレスを感じさせません。その上でさらに車内は静かなのでとても快適です。 i-MiEVの航続可能距離は最大164kmとなっております。この数値から考えると遠出のドライブは厳しいというのが正直な感想です。もっぱら街乗り専用としては非常に役に立つので、通勤や買い物などで車を利用される方にはオススメの車です。 充電時間は普通充電で約7時間で満充電になります。急速充電では約30分で80%まで充電することが出来るので、急ぎで充 電したい時は急速充電を有効活用出来ます。

i-MiEVの価格

i-MiEVの価格は2,948,400円(X)になります。グレードはこのXのみになっています。 価格は軽自動車と比べるとかなり高い印象があります。電気自動車として見れば妥当な値段かもしれませんが、航続距離を考えるともう少し安くてもいいのではと思ってしまいます。 しかし、軽自動車の電気自動車は国内で2018年現在はi-MiEVのみなので、日産リーフなど普通車で大きめの電気自動車を運転するのは不安という方にはオススメです。軽自動車なので小回りが利くので、狭い道や駐車場もラクラク運転出来ます。コンパクトなので駐車もしやすいですね。

まとめ

今回は国内唯一の電気軽自動車である三菱のi-MiEVを紹介してきました。 電気自動車の軽自動車というのは他にないので、今後i-MiEVが航続距離を伸ばしてくれれば、更に需要が増えることになると思われます。急速充電器の設置も今より普及すれば、更にi-MiEVの使用者は増えるのではないのでしょうか? 現状では街乗り専用の電気軽自動車としての位置付けになりますが、近場を快適にドライブしたいという方にはi-MiEVは大変オススメの車です。電気自動車でしか味わえない快適なドライブを、一度お店に出向いて運転しやすい軽自動車で体感してみてはいかがでしょうか?
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。