2019年6月25日 更新

シトロエン×セントジェームス=特別なC3が完成!

シトロエンは、日本限定モデルとなるC3×セントジェームスを6/10から販売開始しました。フランスのファッションメーカーと自動車メーカーが、コラボした企画です。同モデルの特別装備等をご紹介します。

シトロエン×セントジェームス=特別なC3が完成!

シトロエン 特別仕様車C3×セントジェームスの概要等

プジョー・シトロエン・ジャポンは、6月10日に個性的なスタイルのコンパクトカー「C3」の特別仕様車として「C3×セントジェームス」を発売開始しました。この特別仕様車は、日本でも人気のフランスカジュアルファッションブランドセントジェームスとコラボレーションした日本限定モデルです。

同ブランドを代表するマリンのコットンボーダーシャツをモチーフにした、ボーダールーフステッカー、ボーダーパイピング入りのフロアマット、さらにCピラーにセントジェームスロゴステッカーを装備しています。購入した方には、セントジェームス×シトロエンコラボレーションのボーダーTシャツが貰える企画も行われています。

CITROËN C3 × SAINT JAMES Movie

シトロエン 特別仕様車C3×セントジェームスのエクステリア等

ベースモデル C3 SHINEから特別カラーと特別装備で企画されています。
①ボディカラー コバルト ブルー、ルーフ/ドアミラーカラー、ブランオパール。
②ボディカラー ブラン バンキーズ、ルーフ/ドアミラーカラー、ルージュアデン。
③ボディカラー サーブル、ルーフ/ドアミラーカラー、ブランオパール。

CITROËN C3×SAINT JAMES 特別仕様車の車両本体価格は、 ¥2,560,000(消費税込み)です。
 (62494)

シトロエン 特別仕様車C3×セントジェームスの特別装備内容等

特別装備内容は、
・セントジェームスステッカー(Cピラー)
・セントジェームスボーダールーフステッカー
・ボーダーパイピング入りオリジナルフロアマット

男女を問わず幅広い世代から愛されている、フレンチカジュアルブランドであるセントジェームスとC3がコラボレーションしたことで完成したモデルですね。伝統的なマリンテイストとモダンなシトロエンの感性が融合した、特別な一台に仕上げています。

セントジェームスのアイコンであるボーダー柄をエクステリアや内装随所に散りばめて、よりファッショナブルに仕上げ、潮風を感じるような爽やかなC3となっています。
 (62495)

シトロエンC3×セントジェームスのオシャレで機能的な装備内容。
・Airbump®
軽い接触からボディを守るプロテクション機能に、他にはない個性を演出するC3のキーアイテムです。

・CITROËN MIRROR SCREEN
Apple CarPlay™またはAndroid Auto対応スマートフォンをケーブル接続するだけで、タッチスクリーンにアプリを表示できる仕様です。

・ConnectedCAM Citroën™
ドライブ中の印象的なシーンや出来事を、チャンスを逃さず撮影できる世界初の車載カメラです。前方視界120°の写真や動画をワンタッチで撮影、保存可能です。

・12種類のドライバーサポート
大きな安心感につながるアクティブセーフティブレーキが標準装備されています。さらに、危険を検知して、ドライバーに注意を喚起する先進のセーフティ装備や、ヒルスタートアシスタンスなども採用されています。
 (62496)

シトロエン 特別仕様車C3×セントジェームスのプレゼント企画

CITROËN C3 × SAINT JAMESの新車をご成約いただいた方にもれなくプレゼント!
セントジェームスを代表する爽やかなマリンイメージのボーダーシャツ「SAINT JAMES x CITROËNコラボTシャツ」が、ご成約いただいた全員にプレゼントされる企画です。
 (62497)

シトロエン 特別仕様車C3×セントジェームスのパワートレイン等

2015年~2018年、4年連続インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの最優秀賞に輝く、定評あるガソリンエンジンが搭載されています。1200㏄PURETECH 3気筒ターボエンジンは、最高出力が、110ps/5,500rpm、最大トルク205Nm/1,500rpmです。小排気量ながら200バールの高圧燃料噴射システムによって、極めて高い燃焼効率を可能にしています。
 (62498)

セントジェームスってどんなブランド?

セントジェームス社は、1889年に創設されました。フランス北部ノルマンディー地方にあるSAINTJAMES市に、同社は所在しています。

セントジェームス社は、産業革命後、地域の主要産業となる繊維業の一端を築いています。モン・サンミッシェルの干潟の牧草で育った羊からとれる良質の羊毛は、地元の漁師や船乗りたちの大切な仕事着であるマリンセーターを作り、実用性を備えた現在のセントジェームスのシャツの原型となっていますね。

20世紀に入って急成長し、社名も現在のトリコ・セントジェームスTRICOT SAINT JAMESと改められています。SAINTJAMESのブランドロゴには、「Né de la mer」という言葉が添えられています。

セントジェームスのブルーは、ノルマンディーの海の色、そしてロゴマークにはこの地の歴史的遺産であるモン・サンミッシェルがデザインされています。フランス本社工場では、上質な素材を厳選、伝統的な手法と近代的な管理システムのもとに製造され、常に高い品質と伝統を保っています。

今回フランスメーカー同士が、お互いの良いところをコラボしたことで、特別仕様車C3×セントジェームスが誕生していますね。
 (62505)

まとめ

今夏に向けて、清清しいイメージのモデルが、特別仕様として登場したのではないでしょうか。 セントジェームスとコラボしたことで、さわやかな印象とユニークでファッショナブルな特別なC3に仕上がっていますね。ベースモデルから10万円アップとなっていますが、この特別装備内容であればお買い得と言えますね。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me