2018年9月10日 更新

トヨタ「プリウス」改良新型、1月デビュー?!3連LED&流れるウィンカーをCGで予想

トヨタ「プリウス」の最新情報をお届けします。

トヨタ「プリウス」改良新型、1月デビュー?!3連LED&流れるウィンカーをCGで予想

最新情報!

1997年に登場して以来、今や国民的車へと成長したトヨタ「プリウス」に、改良新型の情報入ってきました。

大幅な燃費向上はなさそうですが、エクステリアはアグレッシブに進化しそうです。
 (42461)

現行モデルは2015年12月に発売、その翌年は堅調な売れ行きを見せましたが、2017年に入ると安定せず、ジワリ右肩下がりとなっています。

一般的に見ればまずまずですが、先代の大ヒットからするとやはり物足りなさを感じます。

その原因の一つ見られているのが、賛否両論があるフロントマスクです。そこで今回のフェイスリフトでは、エクステリアを重点に改良して、販売台数回復への逆襲が始まると見られています。

入手した情報を元に改良新型の予想CGを制作しました。
 (42463)

フロント部はシャープなデザインの3連LEDヘッドライトに変更しました。両サイド開口部も大柄なものにし、デザインも変更しています。

全体的に迫力感アップし、評判の良い「プリウスPH」に寄せたアグレッシブなデザインに仕上げました。

またサイドはフロント、リア部分に膨らみを持たせ、ワイド感を強調しています。

リアビューは、テールライトのグラフィックが変更されると共に、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)も期待出来るかも知れません。

大きく進化を見せるエクステリアに対し、パワートレインに大きな変化はないようです。

1,8リットル直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドがキャリーオーバーされ、燃費が現在の40.8kmから、50km程度まで向上するという海外メディアもありますが、そこまでの向上はないと見ています。

また安全面では、最新世代の「トヨタセーフティセンス」が搭載される可能性が高いです。

衝突危機が迫ると、強力なブレーキアシストが作動する「プリクラッシュセーフティ」、急な車線変更をすると、ブザーとディスプレイで知らせる「レーンディパーチャーアラート」を始め、「レーントレーシングアシスト」などの機能がドライバーをアシストします。

今後情報

ワールドプレミアは、2019年1月とレポートされていますが、2018年12月に早まる可能性もあるとのことなので、今後の情報に期待です。
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部