2019年3月19日 更新

新型 三菱eKワゴン&クロスに、日産 デイズ(ハイウエイスター)登場!

日産と三菱、及び合弁会社のNMKVは、新型となる三菱eKワゴン&クロス、日産 デイズ(ハイウエイスター)を発売することを3/14に発表しました。日産特設ホームページでは、3/28からの発売となっていますので、三菱も同様の日程になるのではないでしょうか!このモデル達をご紹介していきます。

新型 三菱eKワゴン&クロスに、日産 デイズ(ハイウエイスター)登場!

新型 三菱eKワゴン&X(クロス)、新型日産デイズの概要等

2019年3月14日に日産自動車、三菱自動車と株式会社NMKVは、日産・三菱両ブランドから3月中に発売予定の新型軽自動車(オフライン式)を、生産工場である三菱自動車の水島製作所で発表しました。

新型軽モデルは、日産・三菱の合弁会社となるNMKVで企画・開発のマネジメントを行って、日産の先進技術と三菱の軽自動車づくりのノウハウを融合させた新世代の軽ハイトワゴンとして開発されました。車名は、日産では「DAYZ」、「DAYZ ハイウェイスター」、三菱では「eKワゴン」、「eKクロス」となっています。

三菱eKクロスでは、ルーフレールや加飾パーツなどを装着してSUV風に装ったニューモデルとしての登場です。

新型 三菱eKワゴンのエクステリアや内装等

三菱eKワゴンの歴史から!

初代eKワゴンは、2001年から登場しています。開発コンセプトは、「いい軽を造ろう」=eKから由来したモデル名です。軽自動車の中で、セミトールワゴンという位置づけを確立したモデルでもあります。また、通常モデルだけでなく、派生モデルとして、クラッシィ、スポーツ、アクティブなどもラインアップしています。

2代目は、2006年から販売開始しています。フルモデルチェンジは行ってますが、初代の売れ行き等から、初代を継承したディテールです。このモデルは、2013年まで販売されロングランモデルとなっています。

3代目は、日産自動車と日本国内での軽自動車事業の合弁会社として設立したNMKVで企画・開発したモデルとして2013年に登場しました。このモデルが約5年強の時間を経てモデルチェンジするということでしょう!この新型モデルをご紹介していきます。
 (57116)

 (57117)

エクステリア
全体的なエクステリアデザインは、現行型モデルを継承したデザインとなっていますね。継承しながらもフロントデザインを刷新し、サイドビューでも、より高級感を持たせるウインドウデザインやサイドプレスラインに仕上げていますね。

内装
筆者的には、非常に現行型と近しいデザインに仕上げているのかな?と思います。センターコンソールやメーター周りは、現行型に似ている雰囲気です。ただ、センターコンソールのモニター位置、エアコン吹き出し口位置などが、使いやすい位置に移動されていたり、メーター内も刷新されてるのが伺えます。

内装では、現行型の使い勝手を考慮し、良いデザインを生かしながら更に使いやすくなるように、細部をアップデートさせたり、新設計したと言えるのではないでしょうか。
 (57118)

新型 eK-X(クロス)のエクステリアや内装等

今回新しく設定されたのが、eK-X(クロス)です。このフロントフェイスを見ると、「新型デリカ?!」にそっくりではないでしょうか!新しく三菱として提案されるSUV風モデルです。

エクステリアで最大の特徴は、エクステリアにツートンカラーを採用している点です。ツートンの組み合わせが5カラー、モノトーンカラーが6カラーとなっています。

内装は、新型eKモデルをシックなカラー構成で仕上げています。通常モデルが明るいオフホワイト調で構成されているのに対し、クロスでは、ブラック&ブルーで構成されています。
 (57119)

新型 日産デイズのエクステリアや内装等

初代日産デイズは、三菱との合弁会社として設立したNMKVで造られたモデルです。3代目eKワゴンと同様に、2013年より販売されています。共同開発を行ったモデルですが、両者ではエクステリアやグレード体系で多数の違いもあります。3社共同開発をしているモデルですので、デイズも新型として登場することになりました。

エクステリア
最初に目に飛び込むのは、日産のシグネイチャーデザインであるVモーショングリルが鎮座している点です。これで、日産モデルであると直ぐにわかるデザインとしています。販売開始の際には、三菱とグレード体系等で違いが出てきそうです。下画像は、Xグレードの予定になっています。
 (57127)

内装では、落ち着いた雰囲気のブラウンを中心にトリム等が構成されています。eKワゴンが、明るい空間を演出しているのに対して、ディズでは、少しトーンを下げてくつろげる空間に仕上げているでしょう。
 (57128)

新型 日産デイズ ハイウエイスターのエクステリアや内装等

上級グレードとなるハイウエイスターでは、ツートンルーフを採用している点が最大のポイントです。さらに専用グリルや専用バンパー、フォグランプ等を装備しています。

専用グリルのVモーションは、更に大きく仕上げていて、スポーティな雰囲気も醸し出していますね。高級志向に振られているハイウエイスターならではのエクステリアではないでしょうか!
 (57120)

デイズとクロスの内装雰囲気が、少し似ているカラーリングに仕上げています。デイズでは、ブルーを基調としたコンソールに、シートやトリムには、落ち着いたカラーのチェック模様があしらわれています。
 (57121)

共同モデルで、軽初の安全装備も搭載

パワートレインでは、プラットフォーム、エンジン、トランスミッションといった車の基本的な部分を刷新することで、性能を飛躍的に向上させて新型eK&デイズは登場しそうです。

軽自動車初の同一車線運転支援技術(日産版はProPILOT、三菱版はMI-PILOT)を採用するなど、従来の軽自動車にはない安心装備も採用して登場します。
 (57137)

まとめ

今回は、日産・三菱・NMKVで開発した新モデル達をご紹介しました。日産の特設ホームページで3/28からの発売開始となっていて、三菱特設ホームページでは、カミングスーン!となっています。このモデル達の登場が楽しみです。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me