2019年7月1日 更新

ポルシェが、新型718 ケイマンGT4とスパイダーを発売開始

ポルシェは、ケイマンGT4とスパイダーの新型モデルを本国で販売開始にしました。両モデルは、718の称号となり、システムも統一されて登場していそうです。同モデルの特徴等をご紹介します。

ポルシェが、新型718 ケイマンGT4とスパイダーを発売開始

ポルシェ 新型718 ケイマンGT4とスパイダーのエクステリア等

https://www.netcarshow.com/ (62578)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ 新型718 ケイマンGT4とスパイダーの特徴等

ポルシェは、自然吸気エンジンを搭載した718スパイダーと718ケイマンGT4を発表しました。ドイツ・ポルシェAGは、2019年6月18日に「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」モデルを、新型から718シリーズへ追加することも同時に発表しています。

ポルシェが新たに導入する718スパイダーとケイマンGT4は、718モデルのデビュー以来初めて、全ての技術的スペックを同一化させたモデルです。両モデルとも309kW(420PS)を発生する新開発の4000cc水平対向6気筒自然吸気エンジンと6速マニュアルトランスミッションを搭載し、718シリーズの頂点に位置するハイパフォーマンスモデルに仕上げています。

GTスタイルにとって最適化されたフロントセクションは、大きなフロントスポイラーリップによるエアカーテンとフロント空力バランスを両立させたディテールですね。
https://www.netcarshow.com/ (62579)

via https://www.netcarshow.com/
ポルシェ 718 スパイダーと718 ケイマン GT4の高性能ブレーキシステムは、大型のアルミ製一体型固定キャリパーシステムのおかげで、サーキットやレーストラック走行に適した安定したブレーキを可能にしています。

軽量スプリングストラットのフロントおよびリアアクスルパーツは、レーシングテクノロジーをフィードバックして搭載しています。シャーシへの接続ポイントは、部分的にボールジョイントによって接合されています。30 mm低いサスペンションを搭載したPorsche Active Suspension Managementダンピングシステムでは、重心を下げ、ラテラルダイナミクスの性能を高めます。

https://www.netcarshow.com/ (62580)

via https://www.netcarshow.com/
https://www.netcarshow.com/ (62581)

via https://www.netcarshow.com/
ポルシェ718ケイマンGT4の重要なポイントは、総合的に改良された空力概念からの全体構成デザインです。抗力に悪影響を与えることなく、最大50パーセントのダウンフォースを生み出すディテールとなっています。両モデルの空気力学は、新しく設計されたシングルチャンバーアーチリアサイレンサーからからも恩恵を受けています。

718ケイマンGT4の後車軸でダウンフォースの30パーセントを占める機能的な多数パーツが、後部セクションで多くのダウンフォースを生み出しています。固定式ウィングは、より多くのダウンフォースを稼ぎ出すパーツですね。

ウィングは、先代モデルと比較しておよそ20パーセント以上のダウンフォースを生み出すパーツになっています。時速200kmで、12kgアップのダウンフォースを発生します。

Porsche 718 スパイダーは、GT4とは異なり、120km/hで自動的に起動するリアスポイラーを搭載しています。機能的なスポイラーのおかげで、後部車軸で空気力学的なダウンフォースを最大現発生させる仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (62582)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ 新型718 ケイマンGT4とスパイダーの内装装備等

https://www.netcarshow.com/ (62583)

via https://www.netcarshow.com/
両新型モデル共に、車内空間はドライバーの為に作成されたようにすっきりしたデザインとなっていますね。シートは、しっかりとホールドされるように、背中、腰、足部が造形されています。

メーター類もデジタル化が多くなっている現代に、アナログ形式の3連メーターが採用されています。視認性を重要視して、すぐに認知・判断が出来るようになっていますね。

GT4はClubsportパッケージのオプションも付属しています。これは後部スチールロールバー、ハンドヘルド消火器と運転席側の6点式シートベルトを含みます。
https://www.netcarshow.com/ (62584)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ 新型718 ケイマンGT4とスパイダーのパワートレイン等

2モデルのパワートレインは、共に新開発の4000cc水平対向6気筒エンジンを搭載しています。また、ターボではなく自然吸気となっています。

このエンジンは、新型911カレラのターボエンジンをベースとし、最高出力はケイマンGT4では先代型を35PS、3世代目のスパイダーでは45PS上回る最高出力です。

420Nmの最大トルクは、5000から6800rpmで発生し、最高速度は300km/hの壁を突破し、718スパイダーで301km/h、718ケイマンGT4では304km/hになります。停止状態から100km/hに達するまでの時間は、両モデルとも4.4秒で、新欧州サイクルでの燃費は10.9リッター/100kmです。

ポルシェ ケイマンって?

日本国内では、718ケイマン、718ケイマンS、718ケイマンGTS、に718ボクスターの設定が行われています。300psから365psの最高出力でラインアップしています。

現在、新型のGT4及びスパイダーのアナウンスが始まっていますので、先代情報が削除されていますが、ケイマンGT4及びスパイダーのラインアップは、2015年から行われてます。今までは718という称号が、GT4やスパイダーには与えられておらず、今回のモデルチェンジで718の称号が与えられ、システムも両モデル共に統合されています。
 (62894)

まとめ

本国では、新型ポルシェ 718 スパイダーと718 ケイマン GT4は現在受注可能となっています。ドイツ価格は、718 スパイダーが93,350ユーロ(日本円で1,150万円程)、718 ケイマン GT4が96,206ユーロ(日本円で1,180万円程)です。それぞれVAT(消費税などの間接税)と国固有の機器が含まれています。

現在、日本のホームページにも両新型のアナウンスが始まっています。718の称号に統一されてホームページに掲載されています。同モデルの日本販売開始が楽しみです。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me