2018年6月11日 更新

ホンダ、新型「CR-V」の情報を公開!日本で生まれ世界で鍛えたSUVが里帰り!

ホンダは、2018年夏に発売を予定している新型SUV「CR-V」に関する情報を8日、ホームページにて先行公開しました。ホームページには「back To Japan」の文字が躍っています。つまりは里帰りなのです。お帰り!「CR-V」!

ホンダ、新型「CR-V」の情報を公開!日本で生まれ世界で鍛えたSUVが里帰り!

「CR-V」の概要

CR-V前モデル

CR-V前モデル

ホンダCR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在、世界160ヵ国以上で販売され、ホンダを代表するグローバルモデルの一つに成長しました。しかし、国内ではコンパクトサイズのSUVに人気が集まり販売が低迷。2016年3月に日本国内向けはマイナーチェンジを受けることなく、大ヒットとなったヴェゼルに吸収されるかたちで生産と販売は終了していました。

2016年10月に発表された5代目となる新型CR-Vは、北米と中国市場で発売、国内でもコンパクトサイズ以外でも需要が見込めるとして、今回の導入が決定したのです。

全てが新しくなって里帰り

新型CR-V

新型CR-V

新型CR-Vは、デザイン、プラットフォーム、パワートレーンなどすべてを刷新され、CR-Vの強みである快適性や使い勝手の良さを一層進化させるとともに、力強く上質な走りを追求しています。

さらに、CR-Vでは初となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したハイブリッド車を用意。ガソリン車、ハイブリッド車、共にFFと4WDを設定したほか、ガソリン車には新たに3列シート7人乗り仕様も設定するなど、時代の要求にこたえる仕様となっています。

1.5Lターボと2.0Li-MMDハイブリッドを搭載、7人乗り仕様も!

CR-V|Honda (32978)

パワーユニットは前モデルから大きく変わり、まずガソリンエンジンでは直列4気筒2.4Lに変わり、新型「インサイト」に採用された「1.5LVTEC ターボ」に置き換えられます。

これまでの2.4Lエンジンを凌ぐ圧倒的な加速感をもたらし、しかも維持費はリーズナブルとなるパワーユニットです。しかも、この1.5Lターボエンジン車には、今話題の3列シート7人乗り仕様が設定されています。

そして、CR-V初のハイブリッドとして採用されたのは、「2.0Li-VTEC+i-MMD」です。3つのモードをシーンによって使い分け、モーターを主役にしたシステム。燃費性能と走行性能には定評があるありましたが、これまでコストが高く、高級車にしか採用されませんでしたが、「ステップワゴンスパーダ」への採用などでコストも下がり、今回CR-V初のハイブリッドとして採用されます。

装備も充実

CR-V|Honda (32990)

ハンズフリーアクセスパワーテールゲート

ハンズフリーアクセスパワーテールゲート

全タイプ標準装備

・Honda SENSING
・ブラインドスポットインフォメーション
・1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
・Honda インターナビシステム+リンクアップフリー+ETC2.0対応車載器
・8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)
・LEDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
・運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後、メモリー機能付)
・運転席4ウェイ電動ランバーサポート
・運転席&助手席シートヒーター
・電子制御パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド機能

その他タイプ別装備

・電動パノラミックサンルーフ
・ハンズフリーアクセスパワーテールゲート
・本革シート
・助手席4ウェイパワーシート
・ルーフレール

まとめ

CR-V|Honda (32991)

いつの間にかカタログ落ちしていたという感のあった前モデルの「CR-V」。日本を捨てた後の出戻りの今回、はたして売れるのかどうか?最大のセールスポイントはなんといっても2つのパワーユニットです。SUVを検討するユーザーにとって、実績のある i-MMDハイブリッドと1.5Lターボはどちらも魅力的に映るでしょう。

懸念材料としては、海外とはいえ、一年以上も前に発売されているモデルであることから、新鮮味に欠けること。それでなくても、販売が不調で国内から撤退した、前モデルのイメージを色濃く残したデザインは、強力なライバルが多数存在する国内のSUV市場で存在感を発揮できるのでしょうか。

いずれにしても、興味深い車種となるのは間違いないので、今夏といわれるデビューまで今しばらく待つこととしましょう。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン