2019年4月11日 更新

ホンダのフィットが今年の9月にフルモデルチェンジの予定!i-MMD搭載でさらに低燃費を実現か!?

フィットはホンダの代表的なコンパクトカーであり、フルモデルチェンジによってi-MMDのハイブリッドシステムが搭載されることが予定されているみたいです。今回はフィットのフルモデルチェンジについての詳細を紹介します。

ホンダのフィットが今年の9月にフルモデルチェンジの予定!i-MMD搭載でさらに低燃費を実現か!?

フィットの概要

ホンダ・フィットハイブリッド - Wikipedia (58379)

フィットは、ホンダが2001年から生産・販売しているハッチバック型の小型乗用車です。現行モデルが3代目のモデルであり、2013年から販売されています。ガソリンモデルとハイブリッドモデルが用意されており、ハイブリッドモデルは2代目フィットよりラインナップされており、2010年から販売されています。

現行モデルであるフィットのハイブリッドモデルは、「SPORT HYBRID i-DCD」と呼ばれるハイブリッドシステムを採用しており、燃費性能を大幅に高めました。その数値はJC08モードで最大37.2km/Lと優秀な数値になっており、トヨタのアクアにせまるほどの燃費性能を実現しています。

予定されているモデルチェンジでは、搭載されるハイブリッドシステムが変更され、「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載されると言われています。このハイブリッドシステム採用によってフィットのハイブリッドモデルはどのように進化するのか。まずは「SPORT HYBRID i-MMD」の詳細を紹介していきます。

「SPORT HYBRID i-MMD」とは?

走行性能|性能・安全|ステップ ワゴン|Honda (58382)

「SPORT HYBRID i-MMD」は、高出力・高トルクを発揮する走行用モーターと、高効率な発電を行う発電用モーターの2つのモーターによって走行するハイブリッドシステムです。
現行のフィットのハイブリッドモデルに搭載されている「SPORT HYBRID i-DCD」は停車、発進、減速、クルーズなど、比較的パワーを必要としない場合はモーターのみで走行して、そのほかの状況ではモーターとエンジンを組み合わせて走行します。
対して「SPORT HYBRID i-MMD」はモーターを2個搭載しており、そのほとんどはモーターのみで走行します。エンジンはモーターへの発電用をメインとしつつ、高速道路走行時などよっぽどパワーが必要なときはエンジンのみで走行するという仕組みになっています。シリーズ式ハイブリッドシステムとパラレル式ハイブリッドシステムの良いとこ取りをしたシステムであり、日産のe-POWERシステムにエンジンだけで走れるモードがついている状態のようなハイブリッドシステムです。

このハイブリッドシステムが搭載されているモデルは、アコード・オデッセイ・ステップワゴン・CR-V・インサイトに搭載されており、インサイトを除いては2.0Lエンジンとの組み合わせになっています。なのでホンダのモデルの中でもミドルクラスのモデルに搭載されているハイブリッドシステムなので、それがコンパクトカーのフィットに搭載されるとなると期待十分です。

新型フィットのスペック

フルモデルチェンジ後のフィットのスペックは、エンジンは1.0リッター・直列3気筒VTECターボの搭載が有力視されており、ハイブリッドシステムは上記に紹介した「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載される予定です。
「SPORT HYBRID i-MMD」搭載により、現行モデルよりさらに燃費性能は高まり、JC08モードで40km/Lを超えるのではないかと予想されています。さらにEV走行モードが強化されるので、より静粛性の高い走行を実現してくれます。

まとめ

今回は今年の9月にフルモデルチェンジが予定されているフィットの詳細を紹介してきました。
ホンダのミドルクラスのモデルにしか搭載されなかった「SPORT HYBRID i-MMD」がコンパクトカーのフィットに搭載されることにより、コンパクトカーとしての走行性能は、他社のコンパクトカーと比べても格段に向上するでしょうし、日産のノートe-POWERのように売れるコンパクトカーになることは間違いありません。
公式発表はされていないため、価格などはまだ未定で今後変更点なども出てくるかもしれませんが、より詳しい情報がわかり次第加筆させていただきます。
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi