2018年9月25日 更新

日本でも大人気、「アウディQ2 シリーズ」がバージョンアップ!限定車も設定!

アウディジャパンはコンパクトSUVの「アウディQ2 シリーズ」の装備、仕様を一部変更。20日より全国の正規ディーラーを通じて発売しました。そして250台限定の「Q2 #コントラスト・リミテッド」も設定され発売しました。価格は299万円から。

日本でも大人気、「アウディQ2 シリーズ」がバージョンアップ!限定車も設定!

見かけはコンパクトでも中身はプレミアムなSUV

Audi Q2シリーズの装備、仕様を一部変更 | Audi Japan Press Center - アウディ (43754)

「アウディQ2」シリーズは、「型破り」な個性的で存在感のあるエクステリアデザインや、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティ性能を兼ね備えたコンパクトSUVモデルで、日本でも人気があるモデルとなっています。そのため、多角形をデザインモチーフにしたアグレシップな、デザインが特徴となっています。
Audi Q2シリーズの装備、仕様を一部変更 | Audi Japan Press Center - アウディ (43755)

今回の商品改良では、安全運転支援システムの向上に重点がおかれ、ベースモデルである30 TFSIにも、「アウディプレセンスフロント」と、レイン/ライトセンサーを標準装備しました。この「アウディプレセンスフロント」は約10km/h以上で走行中は前方の車両を、約10-65km/hでは前方を横断中の歩行者も検知し、ドライバーに警告音と警告灯で注意をそくします。

そして、状況に応じて軽くブレーキを作動し、ドライバーが対応しない場合は、自動的にフルブレーキを行い追突の際の衝撃を低減する先進の安全運転支援システムとなっています。
Audi Q2シリーズの装備、仕様を一部変更 | Audi Japan Press Center - アウディ (43756)

また、「30 TFSI スポーツ」と「35 TFSI シリンダー・オンデマンド・スポーツ」には、Q2シリーズとしては初となるSラインパッケージを設定しました。「Sラインパッケージ」では、エクステリアでは、スポーツバンパーやSラインロゴを配し、インテリアにはSラインステアリングホイールやS ラインロゴ入りのクロス/レザーシートを採用しています。さらに、足回りは、スポーツサスペンションに5スポークYデザイン18インチアルミホイールを組み合わせ、精悍な印象を与えます。

新Q2シリーズの主要スペック

アウディQ2 30 TFSI:299万円
・1.0ℓ直列3気DOHCターボチャージャー
・116PS/200Nm、7速Sトロニック
アウディQ2 30 TFSI スポーツ:370万円
・1.0ℓ直列3気DOHCターボチャージャー
・116PS/200Nm、7速Sトロニック
アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ:411万円
・1.4ℓ直列4気DOHCターボチャージャー
・150PS/250Nm、7速Sトロニック

「Q2 #contrast limited(コントラスト・リミテッド)」を設定

限定モデル Audi Q2 #contrast limitedを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (43757)

外観はバンパー下部やホイールアーチ、サイドスカートなどを専用コントラストペイントのマンハッタングレーとなり、ラジエーターグリルはチタニウムブラック、さらにCピラーのブレードもマンハッタングレーに塗り分け、さらに、18インチアルミホイールにはコントラストグレーの「5アームダイナミックデザイン」を採用し、文字通りコントラストをきかせています。

また、内装は「バーチャルコックピット」や「マルチカラーアンビエントライティング」が装備され、ダッシュボードやセンターコンソールサイドの内部に組み込まれ、LEDの色を10種類から選択可能、明るさも任意で設定できるようになります。
限定モデル Audi Q2 #contrast limitedを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (43758)

また、パワートレインは最高出力116PS、最大トルク200Nmを発揮する1.0LのTFSI直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジンで、デュアルクラッチトランスミッションの7速Sトロニックの組み合わせとなります。

そして、ボディカラーは、「グレイシアホワイトメタリック」「コーラルオレンジメタリック」「タンゴレッドメタリック」「マコウブルークリスタルエフェクト」の4色で、計250台の限定販売となっています。

アウディQ2#コントラスト・リミテッド スペック

アウディQ2#コントラスト・リミテッド:447万円
・1.0ℓ直列3気DOHCターボチャージャー
・116PS/200Nm、7速Sトロニック

まとめ

改めて「アウディQ2」を見ると、この魅力的なプレミアムでコンパクトなクロスオーバーSUVが299万円からということに驚く。この価格帯、車格的には国産SUVで言えば、トヨタのアクアクロスオーバーやホンダのヴェゼル並みですから、国産車よりは100万円近く割高なのはいな得ません。

しかし、C-HRや三菱のエクリプスクロスの最上級グレードとほぼ同等であることを考えれば気になる車種であることは間違いないでしょう。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン