2019年4月16日 更新

オシャレに乗りこなせ!ルノートゥインゴGT

小さくて便利なクルマと言えば日本車の専売特許のようなイメージがありますが、ヨーロッパも負けてはいません。歴史のある狭い町並みを走るために、フランスやイタリアでは昔からオシャレで小型のクルマが作られてきました。今回はフランスのルノートゥインゴのホットモデル「GT」について見てみます。このクルマは日本でも通用するのでしょうか?

オシャレに乗りこなせ!ルノートゥインゴGT

どんなクルマ?

Renault Japon | ルノー トゥインゴ GT (58725)

標準車のルノートゥインゴは2014年にワールドプレミアされましたが、日本に導入されたのは2016年でした。

角を落とし、キュートさを持たせつつも往年のルノー5(サンク)を彷彿とさせるデザインが特徴的です。

0.9Lエンジンをリアに積み、後輪を駆動するという珍しいRRレイアウトを取ることで、先代よりも全長を100mm短くしつつも室内空間を130mm拡大させました。

2017年に200台限定で「GT」を発売しましたが、すぐに売り切れてしまいます。翌年の2018年、GTはカタログモデルとなりました。

GTは、出力アップされたターボエンジン、強化されたショックとスタビライザー、標準車に比べ介入を遅めにセッティングされたESC(横滑り防止装置)、左側リアフェンダーのエアインテークなどが装備されています。

ボディーカラーはオレンジかグレーメタリックの2色で、レーシーなストライプが両サイドに入ります。

標準車はどちらかと言うとカワイイ系でしたが、GTは中身も見た目もきちんとスポーティーになりました。

スペック・走りの性能

Renault Japon | ルノー トゥインゴ GT (58726)

ボディーサイズ:全長3,630mm×全幅1,660mm×全高1,545mm
ホイールベース:2,490mm
車重:1,010kg(MT車)、1,040kg(EDC車)
駆動方式:RR
エンジン:0.9リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:5速MT/6速EDC
最高出力:109ps/5,750rpm
最大トルク:17.3kg-m/2,000rpm
タイヤ:前185/45R17 /後205/40R17
価格:229万円

1t少々のボディに3気筒ターボが積まれ、活発に走るクルマに仕上がっています。

エンジンは最近のクルマに珍しくピーキーな具合ですが、パワーバンドを外さずにクロスしたミッションをうまく繋いでいくのはここの所しばらく忘れていた楽しみでした。

パワーがあるとはいえ109psなので、蹴飛ばされるような加速は望めませんが、日常+αの使い方であれば十分です。

珍しいRRレイアウト

Renault Japon | ルノー トゥインゴ GT (58727)

ルノートゥインゴは最近のクルマには珍しく、後ろにエンジンを積み後輪を駆動するRRレイアウトを採用しています。

室内空間の最大化を目的としたもののようですが、コンパクトカーでRRというと往年のフィアット500のようで面白いですね。

RRレイアウトといえばピーキーな挙動、特にコーナーリング中突如ブレイクするテールを想像するかもしれませんが、このトゥインゴに限ってはそのような挙動は抑えられています。

長いホイールベースと太めのタイヤ、それからESCのおかげかと思いますが、コーナーはいたって安定した挙動で抜ける事が出来ます。

アクセルオフでコーナーの頂点を目指し、頂点を過ぎた途端フルスロットル、その瞬間に後輪にトラクションがかかり、力強く加速しコーナーを抜ける感覚はちょっと他のクルマでは味わうことが出来ませんね。

「買い」か?

Renault Japon | ルノー トゥインゴ GT (58728)

正直な所、筆者は遠慮しておきます。

というのもこのトゥインゴGT、思ったより装備が充実していないのです。

スポーツモデルなのにタコメーターがなく、エンジンを高回転まで引っ張る時の視覚的な気持ちの盛り上がりが得られません。

タコメーターがなくても音とスピードで判断してシフトアップはできるのですが、ちょっと不満です。

また、新しいクルマなのに衝突安全ブレーキなどの先進安全装備は装備されていません。

ルノーのモデルの中では一番下のヒエラルキーに属するクルマなので、低価格と割り切ってこのようなパッケージングにしたのかと思われます。

ただ、最小回転半径4.3mという点は特筆すべきポイントでしょう。

アップライトなドライビングポジションも手伝って、初めて入っていく狭い路地でも臆することなくクルマを進めていく事が出来ます。

また、Uターンも場所を選ばずにできるため、街中をクルクルと走り回るにはうってつけのクルマです。

まとめ

Renault Japon | ルノー トゥインゴ GT (58729)

ルノートゥインゴGTは、コンパクトカーの中でも特に個性が強く、日本においては趣味性の高いクルマに属します。

このクルマは同クラスの他メーカーのクルマと比較して悩むというものではなく、好きか嫌いかがはっきりと分かれるクルマです。

この一台で何でも済まそうとするのはちょっと大変ですが、乗って楽しいセカンドカーを探している方には大変オススメできます。

何せ、この価格帯でRRの走りを楽しめるターボエンジン+MT搭載車はこのクルマしかないのですから。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲