2018年10月9日 更新

ルノーEZ-Ultimo Conceptが公開!ルノー技術の搭載でレベル4の安全技術になっているとの事!!!

将来に向けてルノーが提案している3代目のモデルとの事。今回は、広々とした空間の中で少し広い行動範囲や仕様も可能なことを視野に入れているようです。このモデルを調査してみます。

ルノーEZ-Ultimo Conceptが公開!ルノー技術の搭載でレベル4の安全技術になっているとの事!!!

ルノーEZ-Ultimo Conceptの開発目的???

すべての人に共通の都市のモビリティを具現化したEZ-GO、そしてマイル配送用に開発のEZ-PROの後で、自律、電気、接続、共有の都市モビリティサービスに焦点を当てたルノーの3番目のファミリーが、EZ-Ultimo Conceptとの事。

ハイエンドのロボビークルは、特定の旅行、サーキットまたは1日の貸切のためのサービスとして提供されることが意図として開発中のようです。

5つ星のホテルや航空会社などのスペシャリスト企業は、このサービスを既存のプレミアムサービスの付属物として提供することができます。彼らは顧客に全くユニークでブランドの優れた旅行体験を提供することができます

すべての人に持続可能なモビリティをもたらすことです。私たちのロボビジョンのビジョンでは、誰もがアクセスできるユニークでプレミアムなサービスを開発することと言えるでしょう!

ルノーEZ-Ultimo Conceptのエクステリアデザイン等

共有モビリティのための斬新なビジョンとして開発していることがポイントですね。エレガントで歓迎的なルノーEZ-ULTIMOコンセプトは、自動車愛好家を出来るだけ魅了できるように思案。ルノーの伝統的なフランスのデザインとイージーライフの原則を完全に体現できるようにも設計。

車の機能をあえて隠す車であり、ユーザーに自律技術の魅力と利点をひそかに提案し、車に全面的な運転公道を委譲するという気晴らしの良く、安心な存在に!

1350mmの高さで、それは容易に街に溶け込むような高さや質感に。5800mmの長さでありながら、視覚的に印象的でありますが、EV自動車の静かな特性のために目立たない存在に。
 (46467)

2カラーのトーンの車体を持つ長い、彫像のようなビークル、下部には濃いグリーンの色合いがあり、上部にはシャンパンカラー。

色は濃いブラックに一見すると感じますね。車両が近づくにつれて、光はグリーンに明るく輝くことを認識できるように。車の外観は動くにつれて変化するので、生きているようにも見えるでしょう。

ボディの上部を囲むファセット構造のシャンパン色は、暖かく豊かなカラーで、乗客の居住空間を作り出ししてくれるようです。
 (46469)

荷物は後部の特別なコンパートメントに積載できるように設定され、車の外側から乗せ降ろしを可能にしているとの事。
 (46470)

ルノーEZ-Ultimo Conceptの内装等

EZ-ULTIMOに乗ると、乗客は本当のリビングルームのようにセッティングされた広々とした快適な空間を楽しむことができるように設計しているとの事。

非常に新レトロな雰囲気で、プレミアム体験のための機内サービスを楽しめる空間形成になっており、さらに乗客は、乗り物の中で没頭するための特定のコンテンツ等の提供を受けれるように!

アームチェアとベンチシート構成のEZ-ULTIMO内装では、後方に向かう1人の乗客のための大きなアームチェアと、2人の乗客ための深いベンチシートを備えた「EZ-ULTIMO」、乗客をあたかも自宅にいるように歓迎し、より自然なやり方で対面して話ができる存在に。

EZ-ULTIMOのフロントガラス、さらに重要なガラスルーフは、搭乗者のプライバシーを保護するために色づけされていますが、オーバーヘッドライトを搭載して車内では、より明確にするように設計されているようです。
 (46472)

キャビンを構成するサルーンと装備品は、ルノーブランドの120年と戦前モデルに敬意をあえて表するように、新レトロスタイルで設計、装備されているとの事。

控えめなテクノロジーをキャビンのレトロな雰囲気は、テクノロジーの存在を妨げずに装備されている模様。恒久的なWi-Fiに加えて、ユーザーはスマートフォン用のワイヤレス充電パッドと様々な車内サービスにアクセスするためのiPadスタイルのタブレット機能も。

この装備は、不要になったときには消えていく仕様に。ボタンを押したときにのみ表示されるタブレットと充電パッドのための特別なストレージスロットが用意されているようです。
 (46473)

ルノーEZ-Ultimo Conceptパワートレイン等

特別な電気駆動プラットフォームを使用して、床の下にバッテリーを配置、これにより広大なスペー3880mmもの長さの車内空間を平面で構成することが出来ました。現在、詳細のパワートレイン内容や出力等は公開されていないのですが、これから公開されることでしょう!

まとめ

各国のメーカーで自動運転技術を数段アップさせて、さらに目的を絞ったモデルを開発しているようですね。このルノーEZ-Ultimo ConceptもEZ-GO・EZ-PROとは違う、そして新しい目的のために開発されているようです。

将来こういったモデルが、続々と登場し、そしてさらに公道でも走っている姿が見られるのではないでしょうか???
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me