アウディ「R8」開発車両は、GT?改良新型?謎の開発車両にスパイダーも出現!

アウディ「R8」の最新情報をお届けします。

最新情報!

先月から頻繁に目撃されている、アウディのスーパースポーツ「R8」開発車両ですが、ついにスパイダーも出現しました。 欧州メディアでさえ、判断しかねているこのプロトタイプの正体とはどのようなものでしょうか。
フロント

フロント

 (39760)

リア

リア

今回捉えた試作車は、「RS Q8」に似たパターンとワイドグリルを持ち、リアビューでは、新デザインのダックテール・リアスポイラー、フル幅のメッシュ・アウトレット、よりアグレッシブなディフューザー、そして楕円形の大口ツインエキゾーストパイプが目を引きます。 これらの装備から単なる改良新型ではなく、ハードコア「GT」モデルの可能性が高いようです。 もし「GT」の場合、ランボルギーニ「ウラカン ペルフォマンテ」から流用される、5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載すると噂されています。 その最高出力は、「R8 V10 Plus」の610psから30psアップの640ps程度となるでしょう。

今後情報

「R8」に関しては、このテスト車両以外にも「現行モデルで生産終了」、「V6廉価モデル」など複数の噂が飛び交っていますが、10月のパリモーターショーで一つの答えが出るはずです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。