2018年6月11日 更新

マツダともみじ饅頭のコラボレーション商品、第2弾を6月10日に発売開始

マツダとにしき堂は、「マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージもみじ詰合せ」を10日に発売することを発表しました。2016年6月の「ロードスター生産100万台記念パッケージもみじ詰合せ」に続くコラボレーション商品第2弾となります。

マツダともみじ饅頭のコラボレーション商品、第2弾を6月10日に発売開始

もみじ饅頭とは?

もみに饅頭

もみに饅頭

北海道十勝産の厳選した小豆と日浦山湧水の名水を使ったこしあんを、厳島神社のもみじの葉を模した形で、ふっくら焼き上げたカステラ生地で包んだ銘菓。甘みを抑え、あっさりとした素朴な味わいで、「ザ・広島ブランド」として認定されています。

これまでマツダともみじ饅頭で有名な老舗菓子メーカーのにしき堂は、共に広島に根ざし、広島を代表する企業として成長してきました。そして、広島からこだわりある商品を提供し続けてきました。

そして、今年5月にマツダが、国内生産累計5,000万台を達成したことを機に、挑戦し続ける両社のモノづくりのこだわりと地元広島の魅力を伝えることで、多くの方に笑顔になってもらいたいという思いを込めて商品化されました。

歴史を彩る名車をデザインしたオリジナル化粧箱

マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージもみじ詰合せ

マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージもみじ詰合せ

今回の商品は、国内生産累計5,000万台記念したもの。マツダの歴史を彩る「R360クーペ」、「RX-7」そして「ルーチェ」など、5台の名車のサイドビューと50,000,000の数字をデザインしたオリジナル化粧箱に、にしき堂の代表的な商品である「生もみじ」と「もみじ饅頭」を計8個、お詰め合わせにした商品になります。

また、同封しているカードには、マツダとにしき堂の両社の思いを込めたメッセージと、化粧箱に描かれている名車と「シークレットカー」の計6台のうち、いずれか1台のデザイン画が描かれているという、お楽しみもあります。販売価格は1,000円(税込)で2019年3月末まで販売する計画となっています。

第一弾「ロードスター生産100万台記念パッケージもみじ詰合せ」

ロードスター生産100万台記念パッケージもみじ詰合せ

ロードスター生産100万台記念パッケージもみじ詰合せ

ちなみに、2016年6月に発売された「マツダロードスター生産100万台記念パッケージもみじ詰合せ」では、歴代の「ロードスター」のデザインをあしらったオリジナルの化粧箱に、今回と同じく、にしき堂の「もみじ 饅頭」と「生もみじ」、そして、特製メッセージカードを同封した詰め合わせとなっており、2018年5月まで販売されていました。

「マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージもみじ詰合せ」商品情報

【MAZDA】館内案内|マツダミュージアム (33152)

販売価格:1,000円(税込)
内容:歴代のマツダ車を描いたオリジナル化粧箱
・生もみじ(こしあん2個、粒あん1個、抹茶1個)
・もみじ饅頭(こしあん1個、粒あん1個、お餅1個、お芋1個)
・特製メッセージカード

販売期間:2018年6月10日~2019年3月31日(予定)
販売店舗:にしき堂 光町本店、直営店、にしき堂オンラインショップなどです。
(にしき堂オンラインショップURL https://www.nisikido.net/

国内生産累計台数5,000万台を達成

マツダは、5月15日に、国内生産累計台数が5,000万台を達成したことを発表しました。国内生産累計5,000万台達成は、1931年10月に三輪トラックの生産を開始して以来、86年7ヵ月での達成となります。

マツダ自動車生産の歴史

【MAZDA】館内案内|マツダミュージアム (33149)

マツダは、5月15日に、国内生産累計台数が5,000万台を達成したことを発表しました。国内生産累計5,000万台達成は、1931年10月に三輪トラックの生産を開始して以来、86年7ヵ月での達成となります。

1931年に広島で三輪トラックの生産を開始し、その自動車生産の歴史に幕を開け、1960年に「R360クーペ」の生産を開始し、乗用車市場に本格参入。そして、1982年には山口県防府市の防府工場における車両生産が始まり、以降国内では広島の本社工場と防府工場の2拠点で生産を行っています。

これらの国内工場は、複数の車種を同じラインで生産できる「混流生産」を行っており、これによりマツダのビジネス規模に適した「多品種少量生産」を実現。商品競争力・多様性と量産効率を両立することを可能にし、ついに2017年5月に国内生産累計台数が5,000万台を達成したのです。

まとめ

広島と言えばマツダともみじ饅頭。車好きなら、そしてマツダ車にお乗りの方ならば、そしてどうせ広島土産を買うならば、この「マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージもみじ詰合せ」を選ぶべきでしょう。

オンラインショップでも変えますが、これを機に広島まで足を延ばすのもいいのではないでしょうか?もちろんカープファンなら当然ですね!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン