2019年9月16日 更新

ポルシェからスーパーエレクトリックカーのTaycanが公開に!

ポルシェは、ニューモデルとなるタイカンを公開しました、同モデルは、EVモデルとなっています。通常の400ボルト仕様ではなく800ボルト仕様になっているとのことです。タイカンのエクステリアや内装、パワーユニットをご紹介します。

ポルシェからスーパーエレクトリックカーのTaycanが公開に!

ポルシェ Taycanのエクステリア等

ポルシェタイカンは、クリーンでピュアなデザインの新時代の幕開けを表現したモデルです。その中で、紛れもないポルシェデザインのDNAを継承していますね。フロントから見ると、非常に輪郭のあるバンパーを装備した幅広で平らなディテールです。

サイドシルエットは、スポーティなルーフラインが後方に向かって下向きに傾斜しています。高度にプレス彫刻されたサイドラインも特徴的です。なめらかなキャビンに、引き込まれたリアCピラー、リアフェンダーの顕著なラインによって、ブランド特有のはっきりと強調されたリアが完成しています。

ガラス仕様のポルシェロゴなどは、革新的な要素になっています。これは、後部のライトバーに統合されています。Cd値が0.22であるため、空気力学的に最適化されたディテールは、低エネルギー消費で、燃費効率に大きく貢献しています。
https://www.netcarshow.com/ (66073)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ Taycanの内装等

インテリアでは、明確な構造と完全に新しいアーキテクチャの採用によって、新時代の始まりを表現しています。自立型の湾曲したメータークラスターは、ダッシュボードの最高点を形成していますね。これにより、ドライバーを軸に明確な焦点が集められています。

中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイとオプションの助手席ディスプレイを組み合わせて、ブラックパネルに統合されて、すっきりとダッシュを表現しています。ユーザーインターフェイスは、タイカン用に完全に新設計されています。

スイッチやボタンなどの従来のハードウェアコントロールの数が大幅に削減されました。代わりに、制御はインテリジェントで直感的な「Hey Porsche」音声に応答するタッチ操作または音声制御機能となっています。

タイカンモデルからは、ポルシェとして初めて完全に革のないインテリアとなっています。革新的なリサイクル素材で作られたインテリアは、電気スポーツカーの持続可能なクリーンコンセプトとなっています。後部足元のバッテリーのくぼみは、後部の座り心地を確保し、スポーツカーに典型的な低フォルムも表現しています。

2つのラゲッジコンパートメントが用意されています。フロントコンパートメントには81リットル、リアには、366リットルの容量があります。
https://www.netcarshow.com/ (66076)

via https://www.netcarshow.com/
ポルシェタイカンターボS、タイカンターボには、2つの非常に効率的な電動ユニットがあり、1つは前車軸に、もう1つは後車軸に装備されています、全輪駆動モデルになっています。ドライブの範囲と連続出力の両方が、永続的に励起され、同マシンを高効率モデルに仕上げています。

電気ユニット、トランスミッション、パルス制御インバーターは、それぞれコンパクトな駆動モジュールにまとめられています。モジュールは、現在市場に出回っているすべての電動パワートレインの中で最高の電力密度(パッケージスペース1リットルあたりkW)を有しています。

後車軸に取り付けられた2速トランスミッションは、ポルシェによって開発された革新装置です。最初のギアは、スタンカントからさらに多くの加速をタイカンに与えて、長いギア比を持つ2番ギアは、高い効率と同等に高いパワーリザーブが持ち味です。

統合されたポルシェ4Dシャーシコントロールは、すべてのシャーシシステムをリアルタイムで分析および同期してくれます。革新的なシャーシシステムには、PASM電子ダンパー制御などの3チャンバーテクノロジーを備えたアダプティブエアサスペンションに、PTV Plusなどを含むPDCC Sport電気機械ロール安定化システムが含まれます。

異なる運転モードのプロファイルは、基本的に他のポルシェモデルシリーズと同仕様のモード設定です。これは、範囲、通常、スポーツ、スポーツプラスの4つの運転モードを使用できます。さらに、必要に応じて個別モードで個々のシステムを構成できます。
https://www.netcarshow.com/ (66216)

via https://www.netcarshow.com/

ポルシェ Taycanのパワーユニット等

ポルシェタイカンのフラッグシップターボSバージョンのパワーユニットは、最大761psのオーバーブースト電力を生成することが可能になっていて、通常モデルタイカンターボでは、最大680psの最高出力です。ポルシェタイカンターボSは、2.8秒で100km/hに加速し、タイカンターボは、3.2秒で達成します。

ターボSの航続距離は、最大412キロメートル、ターボの航続距離は、最大450キロメートルです(それぞれWLTPに準拠)。このモデルの最高速度は、260km/hとなっています。

ポルシェタイカンは、電気自動車の通常の400ボルト仕様ではなく、800ボルトのシステム電圧を採用した最初の量産モデルです。これは、タイカンドライバーにとって非常に嬉しい仕様です。わずか5分で、最大100kmの航続が可能になるように高電力充電ネットワークからの直接電流(DC)を使用してバッテリーを充電できます(WLTPに準拠)。

5〜80%SoC(充電状態)の充電時間は、理想的な条件下で充電する場合22.5分で、最大充電電力(ピーク)は、270kWです。Performance Battery Plusの総容量は93.4kWhで、自宅で最大11kWの交流(AC)で充電できます。

ポルシェ タイカンターボSとタイカンターボは、ドイツでそれぞれ185,456ユーロ(日本円で約21850万円)・152,136ユーロ(日本円で約17924万円)で、国固有の機器とVATを含めて注文し、購入することができます。
https://www.netcarshow.com/ (66075)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

現在日本のホームページにもタイカンの情報が少しずつ(9/9現在)公開されています。現時点で価格や詳しい発売日は、発表されていませんが、日本でも導入されるモデルであることは間違いなさそうです。強力な電気ユニットを持ったタイカンの登場が楽しみです。タイカンを体感してみたいです。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me