2018年5月9日 更新

ポルシェ カイエン E-Hybridがモデルチェンジ!スペックアップして登場

ハイスペックE-Hybridとして開発・販売されているポルシェカイエンE-Hybrid。通常のカイエン同様モデルチェンジして登場しそうです。よりハイパワーでよりエコロジーになっているとの事。新型ポルシェカイエンE-Hybridを追いかけてみます。

ポルシェ カイエン E-Hybridがモデルチェンジ!スペックアップして登場

ポルシェ カイエンE-Hybridってどんなクルマ?

 (29961)

2010年11月にポルシェ初のハイブリッドカーとして発売開始されたモデル。2,994ccV6スーパーチャージャー付きエンジンにモーターを組み合わせたパラレル式フルハイブリッドシステムを採用。

333Ppsのエンジンと47PSのモーターの組み合わせにより総出力は380psを発生。8速ティプトロニックSとの組み合わせでスムーズな加速と燃費コントロールも実現しています。

60km/hまでモーターでの単体走行、パワーブーストの必要がない場面ではエンジン出力を駆動系から切り離すことも可能とした先進性も売り。

セルフロック式センターディファレンシャルを備えるフルタイム4WD。回生ブレーキ。オートスタート/ストップ搭載モデルを2011年から販売スタートしています。

2014年からは、初のプラグインハイブリッドとしてE-Hybridにバージョンアップして登場。V6 3000ccスーパーチャージャー付きエンジン、最高出力は333馬力とモーターの95馬力を合わせ、総出力416馬力となり、これまでのハイブリッドから躍進して登場しました。

今回このカイエンE-Hybridが、モデルチェンジして登場とのことです。ポルシェカイエンシリーズが、ニューモデルとなっていますので、併せてE-Hybridもモデルチェンジしているのではないでしょうか?
 (29962)

新型ポルシェ カイエンE-Hybridのエクステリア

フロントビュー

新型でもポルシェのカイエンであることがひと目でわかるようなデザインは、そのまま継承されているのではないでしょうか?

フロントマスク(パンパー)は、若干の意匠変更が行われている印象。変わりにヘッドライトデザインは、大きく内部モジュールの変更が行われているようです。
https://www.netcarshow.com/ (29877)

via https://www.netcarshow.com/

サイドビュー

フェンダーアーチデザインが、大きく変更されているように思います。そしてサイドビューで重要な要素であるプレスラインが追加され、印象が刷新されてもいますね。

ブレーキキャリパーのカラーリングは、E-Hybridであることを主張するカラーになっているのではないでしょうか?また22インチという大径軽量合金ホイールが採用されているようです。
https://www.netcarshow.com/ (29878)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

テールランプデザインが、新型ではスッキリした細めのデザインに変更。左右テールランプとトランクを一直線で結んだことによって、幅広い印象を醸し出していますね。
https://www.netcarshow.com/ (29879)

via https://www.netcarshow.com/

新型ポルシェ カイエンE-Hybridの内装

先代E-hybrid画像

 (29977)

全体的な雰囲気は、先代の内装デザインを継承しています。

カイエンのモデルチェンジに合わせて、ステアリングスイッチのデザイン変更、センターのエアコン吹き出し口のデザイン変更等が行われていますね。また、シフト周りもスッキリしたデザインに刷新。

エアコン噴出しデザインと位置を変更したことにより、中央モニターも現行より大きいものにバージョンアップされているようです。

オプション選択の快適シートは、14ウェイで電動のマッサージ機能が付属。快適性だけでなく実際に症状まで改善を目的に慰しているようです。運転手と乗客は、シートバックの10個の空気式マッサージパッドで5回のマッサージプログラムを選択。まるで走るマッサージ機ですね!

新型Ehybrid画像

https://www.netcarshow.com/ (29880)

via https://www.netcarshow.com/
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me