2018年8月24日 更新

GMCから今人気高騰のピックアップであるSierra Denali2019バージョンが登場。日本でも新車購入できるモデル?!

GMCから2019バージョンのシエラ・デナリが発表となりました。GMCの独特なデザインを継承しながらも新しいデザイン・機能も採用されている模様です。日本でも購入できる?!このシエラ・デナリを解剖してみます!!!

GMCから今人気高騰のピックアップであるSierra Denali2019バージョンが登場。日本でも新車購入できるモデル?!

GMC Sierra Denaliのエクステリアデザイン

フロントビュー

シエラ・デナリは、歴代で独特なデザインを特徴としていますね。特に直線的なグリルデザイン・背の高いボンネットフードはこのモデルのポイントであり、ヘッドライトのCの形は、GMCのシグネイチャーとなっています。

GMCのヘッドライトデザインは、昼間のランニングランプのために「ライトブレード」を通すことで伝えられていようです。 LEDは、ヘッドランプ、テールランプ、フォグランプおよび他のライトニングにも使用され、レンズはほぼ結晶質の耐久性のある材料で構成との事。
https://www.netcarshow.com/ (40162)

via https://www.netcarshow.com/

サイドビュー

フルサイズピックアップトラックであることを証明するかのようなドッシリとしたフォルムでありますね。人数がゆとりを持って乗車でき更に荷物もしっかり乗っかるのが伺えますね。
https://www.netcarshow.com/ (40163)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

テールゲート上に大胆なDENALIのデカールにGMCのロゴがドーンと鎮座。ピックアップの力強いスタイルを反映させるブロックスタイルの書体にもなっていますね!
https://www.netcarshow.com/ (40164)

via https://www.netcarshow.com/
業界初のGMC専用MultiPro Tailgateを搭載しているようです。ピックアップのセグメントの中でもかなり斬新なアイディア。 SLTとデナリの標準であるMultiPro Tailgateは、6パターンのユニークな機能とポジションを装備。スタンディング・ワークステーション・モードで、荷台へのアイテムアクセスを容易にしてくれそう。
https://www.netcarshow.com/ (40165)

via https://www.netcarshow.com/
デナリでは、22インチの高輝度アルミホイールをチョイス。 SLTモデルは独自の22インチダークアルミホイールにクロムアクセントを施して搭載しているとの事。
https://www.netcarshow.com/ (40166)

via https://www.netcarshow.com/

GMC Sierra Denaliの内装デザイン

https://www.netcarshow.com/ (40167)

via https://www.netcarshow.com/
ドライバーを車内の中心に置くという概念は、GMCの基本的な理念。より高い座席位置を設定し、車両後方に安全な視野を持って見ることが出来るようにするためのようです。新しく開発されたTrailering Appやセグメントファーストヘッドアップディスプレイなど、車両とドライバーをなるべく簡単で直感的な操作を可能に。

プレミアムなレザー仕様のシート、特注の本目オープンポアウッドトリム、ダークフィニッシュのアルミインテリアなど、デナリ独自の素材はインテリアを新しいレベルの洗練さをアップしてくれていますね。

ドアトリムは、耐久性を犠牲にすることなく外見と内装をプレミアム仕様のコントラストのあるステッチパターンとし、木製のトリムは手描きの家具を連想させるオープンな風合いのテクスチャーに仕上げているとの事。

マルチカラー3x7ヘッドアップディスプレイは、この手のピックアップトラックの中で一番を目指した仕様に。2019シエラは、このディスプレイ技術を最初に提供するフルサイズトラックとして登場。ドライバーの視界内のフロントガラスに関する重要な車両情報を投影してくれますね。

高度なGMCインフォテイメントは、この新しいダイナミックプラットフォームとなっている点。直感的なインターフェース、より速いレスポンス、改善された音声認識機能を備えたスマートフォンのような取り扱い方式。 Sierra Denaliの標準的な8インチ対角システムには、ナビゲーションも勿論搭載。
https://www.netcarshow.com/ (40168)

via https://www.netcarshow.com/
現行モデルと比較してリアシートレッグルームを3インチ近く延ばしました。アウトボードの後部座席は、ラップトップ、タイダウンコード、傘などの重要な付属品を保管できるように、十分な大きさの長方形の収納スペース。
https://www.netcarshow.com/ (40169)

via https://www.netcarshow.com/

GMC Sierra Denaliのパワートレイン等

実績のある6200㏄Lと5300㏄のV8エンジンの改良バージョンに、全く新しい3000㏄のインライン6ターボディーゼルエンジンが加わったことで、パワートレインを2019年では拡充したと言えるでしょう。

5300㏄および6200㏄エンジンには、ストップ&スタート技術と新しいダイナミック燃料マネジメントが、開発搭載され、必要に応じてエンジンを可変気筒で作動させ、電力と効率を計算しているとの事。

新搭載ディーゼルは、Sierra HDとCanyonモデルですでに提供されているDuramaxターボディーゼルのGMCの十八番と言えるデーゼル。 利用可能な6200㏄Lと3000㏄のエンジンは10速オートマチックトランスミッションと組み合わされて、燃費に寄与。

優れた応答性と高級なドライビングリファインメントを提供するように設計された、専用のアダプティブライドコントロールサスペンションシステムもポイント。 詳細に設定されたセンサーを使用して、道路状況やシャシーレスポンスをリアルタイムで監視、アクティブダンパーを2ミリ秒ごとに調整することでなし得た技術。
https://www.netcarshow.com/ (40170)

via https://www.netcarshow.com/

(まとめ)GMC Sierra Denaliは日本で新車購入できる!

現在、日本では正規ディーラーでのGMCモデルの販売は御座いません。しかしながらこういうピックアップトラックに乗りたい人、それだけでなくアフターパーツやリペアパーツを欲しい日本国内在住の方も多いと思います。2019年バージョンの同モデルはもうすこしあとになるかも知れませんが、上下のリンク先等でも新車車両・パーツの購入が出来るとの事!購入したい人、購入している人達には、心強い見方であるといえるでしょう!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me