2018年10月29日 更新

11年ぶりのフルモデルチェンジ、新型ジープ・ラングラー発表!

11月23日に11年ぶりに全面改良して発売開始した新型「ジープ・ラングラー」は、伝統のスタイリングや独自の世界観を変えることなく、走破性能、現代のSUVに求められる快適性や安全性、燃費性能を大幅に向上させています。

11年ぶりのフルモデルチェンジ、新型ジープ・ラングラー発表!

伝統のジープらしさは残るどころか先祖帰り?

Sport

Sport

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49311)

新型ラングラーのデザインは、1955年に誕生した民間用ジープ「CJ-5」のデザインを色濃く反映しており、ヘッドライトの内側が7スロットグリルにまで食い込んだデザインや、台形のフロントフェイシアは、その面影を色濃く反映しています。

それでも、ヘッドライトおよびフォグライト、テールランプ、デイタイムランニングライトのすべてをLED化し、ラングラー史上初のLEDライト搭載モデルとするなど、最新の装備を取り入れてもいます。さらに、ドアパネルやフェンダー、ウインドシールドフレームにはアルミニウムを、スイングゲートの骨格部分や内側パネルにはマグネシウムを用いることで、車両重量の大幅な軽量化を実現しました。

さらに強化された比類なきオフロード性能

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49310)

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49316)

日本市場に導入される新型「ジープ・ラングラー」のラインアップは、ツインスクロール式ターボチャージャーの採用により、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮する、新設計の2.0Lターボエンジンを搭載する4ドアの「Unlimited Sport」と、2ステージバリアブル・インテーク・バルブリフト機構を採用し、従来モデルに比べて燃費は23%も向上させた改良型3.6Lエンジンを搭載する4ドアの「Unlimited Sahara Launch Edition」、そして同3.6Lエンジン搭載で受注生産となる2ドアの「Sport」の3グレードから構成されます。
2ドアの「Sport」が受注生産になっているのは、日本市場において絶好調のラングラーの販売台数で8割をしめているのが4ドアの「Unlimited Sport」であることからです。
4×4システムには、従来のパートタイム4x4に加え、ラングラー史上初となるフルタイムオンデマンド4×4システムを全車に採用。舗装路を含むあらゆる路面を安全かつ快適に走行できます。また、最小回転半径は大幅に改善されており、4ドアモデルで6.2m、2ドアモデルでは5.3mとなっています。

実用性、居住性、乗り心地、クオリティを大幅に改善

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49312)

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49313)

今回の全面改良では、実用面での大幅な進化を成し遂げ、フロントのウインドシールドの傾斜角を5.8度寝かせると共に、アコースティックウインドシールドを採用することで、空気抵抗や走行ノイズを大幅に低減しました。このフロントのウインドシールドの傾斜は、従来モデルと並べてみるとかなりの差になります。

また、フリーダムトップについては、軽量化や取付けメカニズムの見直しにより、トップの取り外しが容易に行えるようになり、さらにトップ取り外し箇所のウェザーストリップを二重構造化し、ピラーに水抜きのドレーンパイプを組み込むなど雨漏れ防止対策を強化していることも、実用面での大幅な進化といえます。

インテリアも快適に

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49314)

インテリアでは、エクステリアと同様に、「CJシリーズ」を彷彿させるデザインで、水平基調のダッシュボードを採用、またApple CarPlay、Android Autoに対応した最新世代のUconnect®を全車に搭載。そして、「Sport」と「Unlimited Sport」には7インチの大型ラジオディスプレイを、「Unlimited Sahara Launch Edition」には8.4インチナビゲーションシステムを装備させています。

また、室内は居住スペースが拡大したことと、後席の背もたれの形状や角度が最適化されたため、室内の快適性が大幅に向上。また、乗降時にドアから手を離しても一定の位置でホールドするストッパーを採用し、より快適な乗降を可能としています。

新型ジープ・ラングラー メーカー希望小売価格

新型「Jeep® Wrangler(ラングラー)」を発表 | FCAジャパン株式会社 (49315)

・Sport(2ドア、3.6L、8AT、4×4):4,590,000円
・Unlimited Sport(4ドア、2.0ℓ、8AT、4×4):4,940,000円
・Unlimited Sahara Launch Edition(4ドア、3.6L、8AT、4×4):5,300,000円
新型ジープ・ラングラー主要スペック

全長/全幅/全高:4,870mm(2ドア4,320mm)/1,895mm/1,845mm(2ドア1,825mm)
ホイールベース:3,010mm(2ドア2,460mm)
最低地上高:200mm

エンジン

種類:V型6気筒 DOHC3,604cc
最高出力:209kW(284ps)/4,100rpm
最大トルク:347N・m(35.4kg.m)/4,100rpm

種類:4気筒 DOHCターボ1,995cc
最高出力:200kW(272ps)/5,250rpm
最大トルク:400N・m(40.8kg.m)/3,000rpm 

まとめ

Unlimited Sport

Unlimited Sport

世界中の誰もが待ち望む新型車はそう多くはありません。その中でもジープラングラーは特別なアイドルようなものです。そして、待ち望む人たちにとっては不安でもあったはずです。それは何よりもジープ本来の良さと姿を失わないだろうか?ということです。それは、先ごろ発売されたスズキジムニーにも同じことがいえました。

そして、ついに姿を現した新型ラングラーは、待ち望んだ人たちはどううけとめたのでしょうか?うれしいことに、日本は米国についでジープラングラーの販売台数が多く、それは中国をも上回り、日本を重要視しているとのことです。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン