2018年12月19日 更新

ポルシェ 911カレラ4Sが発表されました。発売開始は2019年初め?

ポルシェ往年の名車である911カレラから、新型(2019年バージョン)となる911カレラ4Sが発表されました。同車は、ホームページにも掲載が始まりました(価格は未発表)。このモデルのデザイン・内装等をご紹介していきます。

ポルシェ 911カレラ4Sが発表されました。発売開始は2019年初め?

新型ポルシェ 911カレラ4Sのエクステリア等

フロントビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com (52299)

via https://www.netcarshow.com
新型最大のポイントは、バンパーデザインを刷新している点です。現行型と比べ、エアスリット等を幅広に仕上げワイド感をアップしていますね。さらにヘッドライトデザインは衣装変更され、ボンネットディテールもプレスラインが加えられています。

ポルシェ911のディテールを継承しながら、各パーツをアップデートして搭載していることが伺えます。加えて各パーツを最適化(ボンネット全長延長など)したことで、よりスポーティにも見えます。

現行型画像

 (52305)

サイドビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com (52300)

via https://www.netcarshow.com

現行型画像

新型では、フロント・リアバンパーエアダクトを大きくサイドまで張り出したデザインとなっている点が特徴的です。サイドビュー全体デザインは、現行型ディテールを継承しています。

エレクトリックドアハンドルが、新しく採用されています。これは、ボディとの一体感を強める仕様ですね。また、テールランプデザインは、現行型より長く伸びており、リアサイドを強調させるデザインですね。
 (52308)

リアビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com (52301)

via https://www.netcarshow.com
リアセクションでは、テールライトデザインが大きく変更されています。テールライトは、現行型に比べて両サイドまで大きく張り出し、ワイドフォルムを強調しているデザインです。テールランプ自体が、車幅全体に広がっています。実にエレガントに仕上がっていると言えます。

新型では、バンパーデザインの中にインストールされたマフラーテールエンドになっています。ポルシェエンジニアでは、排気と吸気のバランスを最重要視して考案・作成し、排気フラップ付エキゾースト仕上げです。この排気フラップは、ポルシェ独自のサウンドを提供できるようにアップデートもされています。

ポルシェの外販は、アルミニウム素材です。鉄素材と比べて、かなりの軽量化を図っています。一つ一つの素材を吟味して採用していることが伺えます。

現行型画像

 (52306)

ホイールデザインは、Y字スポークデザインへと意匠変更され、現行型よりもよりモダンでスポーティに変身していますね。ホイールサイズは、フロント20インチ・リア21インチという異径ホイールを採用し、タイヤはピレリ製です。

新しいサイズのホイールやタイヤを採用したことで、サスペンションやブレーキパーツも改良が加えられています。リアブレーキローターは、現行型の330mmから350mmに直径アップとなっています。

オプションで、レースやサーキットにも使用できるポルシェセラミックブレーキが、911モデルでは全車で選択可能です。
https://www.netcarshow.com (52302)

via https://www.netcarshow.com

新型ポルシェ 911カレラ4Sの内装等

新型画像

https://www.netcarshow.com (52303)

via https://www.netcarshow.com

現行型画像

新型の内装デザインは、現行型の直線基調を継承しながらも、多くの部分を刷新しています。メーターパネルは、アナログ要素の多い現行型に対して、新型では、中心にアナログメーターを配置し、両サイドには情報ディスプレイを配置したデザインです。

より見やすい位置に変更されたセンターディスプレーは、10.9インチサイズの大型液晶画面です。クオリティアップを図り、起動や操作性もアップさせています。

ステアリングは、デザインを継承しながら、新たにインフォメンティブスイッチを追加し、センターコンソールは、全体的にデザイン変更が行われています。

スポーツクロノ・パッケージが設定される予定です。このグレードは、ドライビングパフォーマンスを向上させるアイテムを追加搭載しています。

スポーツクロノ・パッケージ追加装備内容
・スポーツレスポンスボタン
・PSMスポーツモードスイッチ
・ダイナミックエンジンマウント
・ストップウォッチ
・Porsche Track Precisionアプリ
 (52307)

新型ポルシェ 911カレラ4Sのパワートレイン等

3000cc水冷フラット(水平対向)6ターボエンジンは、450psとなりました。各部を最適化し、パーツ類の向上を図り、現行型よりも30psのアップに成功しています。

組み合わされるミッションは、新開発された8速デュアルクラッチミッションが搭載されています。現行型の7速と比較して、新型8速は、6速で最高速度に到達できるミッションです。

バッテリーの軽量化と性能アップ
バッテリーは、エンジンルーム内で重たいパーツの一部です。新型は、モータースポーツ技術の転用でリン酸リチウムバッテリーを搭載したことで、通常バッテリーの2.5倍の寿命で、半分以下の重量になっています。

世界初の運転援助システムを搭載。
道路上の湿気を感知し、手動で選択できるウェット運転プログラムが世界初採用です。新型は、ブレーキアシストシステム(車両・歩行者・サイクリスト)が標準装備されています。オプションでサーマルイメージングカメラを搭載し、ナイトビジョンアシストを利用することも可能です。

他の安全装備内容
・アダクティブクルーズコントロール
・ストップ&ゴー機能
・リバーシブル乗員保護機能
・LEDマトリックスヘッドライト(オプション)

https://www.netcarshow.com (52304)

via https://www.netcarshow.com

まとめ

2019モデルとなる911カレラ4Sは、デザインをよりスポーティに刷新し、パワートレインは細部を改良・アップデートし、パワーアップさせて登場します。

特に911カレラ4Sは、全輪駆動モデルであります。4輪に適切な加重がかかりパワーが伝えられることで、911カレラSよりも俊敏で、操作性をアップした仕様に仕上がってもいます。

内装では、アナログ的な要素を残しながらも、デジタル表示等へ大きく革新しました。日本のホームページでも画像等のアナウンスが始まりました。価格は、まだ未発表となっていますが、今後の更新情報も含めポルシェ新型モデルの登場が待ち遠しいです。

32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me