2019年10月12日 更新

レクサスのフラッグシップセダン「LS」が一部改良されて発売!

「LS」は、レクサスの中でもフラッグシップセダンであり高級車の中の高級車です。その「LS」が今回一部改良されて10月3日に発売されたということで、その詳細を紹介していきます。

レクサスのフラッグシップセダン「LS」が一部改良されて発売!

「LS」の概要

LEXUS ‐ GALLERY|LS (67297)

「LS」は、1989年の発売以来、滑らかでパワフルな走りや圧倒的な静粛性・快適性など、高級車の新たな基準を作りました。2017年に登場した5代目では、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリング、エモーショナルな走り、数々の先進技術により、レクサスの象徴として大きな変革を果たしました。

「LS」のハイブリッドシステム

「LS」のハイブリッド車に搭載されているハイブリッドシステムには、「マルチステージハイブリッドシステム」が採用されています。
「マルチステージハイブリッドシステム」とは、V6エンジンと2基のモーターで構成するレクサス・ハイブリッド・システムに変速機構を直列に配置しています。エンジン回転数を広範囲で使用できるシステムに10段変速制御を採用することにより、心地良い走りのリズムを実現しています。このシステムにより、発進加速時はもとより、あらゆる車速域からのアクセル操作にダイレクトかつ応答性の良い駆動力を発揮します。ひとたびアクセルを踏み込めば、ドライバーの意図に即応したダイナミックな加速を生み出します。また、緩やかな発進や加速、高速走行においてはエンジン回転数を低く抑え、滑らかで静かな走りを可能にしています。

「LS」の一部改良内容

LEXUS、「LS」を一部改良 | レクサス | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (67294)

今回の一部改良では、FR車のショックアブソーバーにAWD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地を向上しています。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化、AVSやリヤサスペンションマウントのチューニングにより、「LS」ならではの上質な乗り心地を進化させました。

ハイブリッド車の「LS500h」では、加速時のバッテリーによるアシスト量を増加させるとともに、アクセル特性を変更することで、駆動力と静粛性を高めています。“EXECUTIVE”グレードでは、後左席の足元空間や前方視界を広げた「リヤシートエンターテインメントシステム」や、操作性を高めた「リヤマルチオペレーションパネル」などにより後席の快適性を向上させています。

「リヤシートエンターテインメントシステム / リヤマルチオペレーションパネル」

LEXUS ‐ REAR SPACE|特徴|LS (67300)

前席・後席のシートポジションに連動して見やすい角度に自動調整する機能で乗員をもてなす、後席用11.6インチディスプレイ (左右) を搭載しています。Blu-rayディスクプレーヤーやSDカードスロットを備え、モバイル端末に保存した映像や音楽等もMiracastやDLNAを介して鑑賞でき、HDMI端子でパソコンなども接続可能です。リヤセンターアームレスト上の「リヤマルチオペレーションパネル」では、オーディオをはじめ、エアコン、シート機能、リラクゼーション機能、サンシェードとランプの操作を指先で直感的に行えます。

「LS」の価格

「LS」の価格は、
ガソリン車の「LS500」が、
2WD(FR)車で、9,996,000円(ベース)~15,283,000円(“EXECUTIVE”)
AWD車で、10,404,000円(ベース)~15,691,000円(“EXECUTIVE”)
ハイブリッド車の「LS500h」が、
2WD(FR)車で、11,422,000円(ベース)~16,709,000円(“EXECUTIVE”)
AWD車で、11,830,000円(ベース)~17,117,000円(“EXECUTIVE”)
になっています。

まとめ

今回は、レクサスのフラッグシップセダンである「LS」の一部改良内容を紹介してきました。
フラッグシップセダンとして上質感溢れるモデルですが、今回の一部改良でさらに上質な乗り心地や静粛性を向上させたということで、よりレクサスを牽引するにふさわしいモデルに進化しました。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi