特集

特集

いろいろな車の比較や、オススメの車、コラムなどの特集記事です。

特集の記事 最近投稿された記事

トランプ政権の自動車部品への追加関税政策のせいで、車泥棒が増加する?

トランプ政権の自動車部品への追加関税政策のせいで、車泥棒が増加する?

トランプ政権が掲げる自動車部品への追加関税政策は、諸外国から非難轟々となっているばかりではなく、アメリカ国内からも懸念の声が上がっているのは皆様もご存知でしょう。実際、自動車部品を輸入している関係で、アメリカの国産自動車のコストに影響するとの反対論もあります。ところが、ここに来て驚きの予測が。何と、「車泥棒が増えるかもしれない」との分析が出て、アメリカの各メディアは大騒ぎしています。
電気自動車や自動運転車への投資や研究総額は、2022年までに35兆円もかかる!

電気自動車や自動運転車への投資や研究総額は、2022年までに35兆円もかかる!

日暮れて途遠し、でしょうか。昨今持て囃されている電気自動車や自動運転車に費やされた投資や基礎研究は、2022年までに最低でも3100億ドルかかるとの試算が出ています。日本円に換算して、35兆円。気の遠くなるような金額ですね。さすがにアメリカでは悲鳴が上がっているそうです。
リチウム電池のリサイクルによって、電気自動車の価格が下るとオーストラリアで指摘

リチウム電池のリサイクルによって、電気自動車の価格が下るとオーストラリアで指摘

「環境に優しい」とされながら、なかなか普及が進まない電気自動車。ネックになっているのは、やはり価格です。特に、搭載するリチウム電池のコストが、そのまま車の価格に重くのしかかっている格好です。そのリチウム電池について「リサイクルすれば電気自動車の価格を安くできるはず」との問題提起がされています。確かに言えてますね。
人手不足に悩むアメリカのトラック運転手、平均年齢は何と58歳!

人手不足に悩むアメリカのトラック運転手、平均年齢は何と58歳!

先日の「離職率90%!アメリカのトラック運転手不足が社会問題化。無人運転は解決策になるのか?」の記事の続編です。いやー、これは本当に驚き。慢性的な人手不足に悩んでいるだけではなく、超が3つか4つもつくほどの高齢業界になっていました。何と運転手の平均年齢は58歳なんです。
ロールス・ロイスの「空飛ぶ車」が車っぽくなさすぎるフォルム

ロールス・ロイスの「空飛ぶ車」が車っぽくなさすぎるフォルム

「空飛ぶ車」というのは、未だコンセプトが固まらず、様々なフォルムが模索されているのが現状です。そんな中で注目されているのがロールス・ロイス。高級車のメーカーである一方で、航空機のエンジンも製造している同社がツイッターのアカウントで、ハイブリッド電気による垂直離着陸(EVTOL)車構想をツイートしたのです。とても優雅なのは好感が持てるのですが、斬新過ぎて車に見えないのですが…。しかも、著名な航空ショーでお披露目してるので、だったら飛行機で良いのでは。
どっちなの?自動運転車バラ色説とそうでないとの説

どっちなの?自動運転車バラ色説とそうでないとの説

自動運転車の導入のメリットとされるのは、交通渋滞の解消。および、それによる出勤時間や移動時間の短縮で生産性が上がるなどが挙げられます。ところが、これを巡って今、論争が起きています。今年1月に、著名大学の研究では「改善される」。ところが、ここに来てワールド・エコノミック・フォーラムとボストン・コンサルティング・グループが、ボストン市の現状とシミュレーションの結果「ダウンタウン地域では渋滞が酷くなるし、郊外とは利用で温度差が出るだろう」と指摘しているのです。著名紙のワシントン・ポストまでが、この問題を取り上げるに至り、目下カオス状態となっています。
英国で自動運転車による初のレースが開催。地元紙は絶賛も、中国メディアは酷評

英国で自動運転車による初のレースが開催。地元紙は絶賛も、中国メディアは酷評

英国で今年25年を迎える「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、初めて自動運転車によるレースが開催されました。地元のタブロイド紙は「成功した」と好意的な報道なのですが、最高速度が125キロだったこともあってか、中国系メディアは「遅いし、退屈?」と酷評しています。背景には、嫉妬心が…?
アメリカ人の2割未満が「自動運転車って怖い」と考えているらしい

アメリカ人の2割未満が「自動運転車って怖い」と考えているらしい

どこの国にも、怖がりな人というのは一定数存在するということでしょうか? アメリカのネット自動車保険会社が調査したところによると、彼の国では自動運転車が未だに怖いと思っている人が18%存在するとのことです。「ひと家族当たり、年間4100ドルの節約になるのに」と指摘されているのですが…。
「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

自動運転車と言えば、最新デザインの車体が街を疾走していく光景を想像しがち。しかし、英国では地元の大学が1965年のムスタングを魔改造し、日本でも知られる「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に出場させました。さすがに颯爽と走るというわけにはいかず、ヨタヨタしながらの走行。でも、何となくほのぼのさせられますね。
トラックも電気自動車の時代に。しかも、木材運搬用トラックが先駆け

トラックも電気自動車の時代に。しかも、木材運搬用トラックが先駆け

電気自動車は、一般の乗用車だけでなく、トラックの世界でも普及を目指す動きがあります。人間と違って、重い荷物を運ぶという仕様から、克服すべき課題が多いのですが、どうやらニッチな運搬目的ではクリアしそう。というのも、スウェーデンのスタートアップ企業が、木材運搬用トラック(英語ではLogging Truckと言います)でオール電気自動車の開発に成功。目下プロモーションを行っているからです。
198 件

特集で人気のキーワード

関連する記事 こんな記事も人気です♪