2018年10月9日 更新

SkodaからFabia新モデルが登場しそう!日本で馴染みの少ないメーカー・・・、でも新車・中古車なら並行輸入できそう

チェコメーカーであるSkoda社。このメーカーは、現在フォルクスワーゲンの傘下となっております。フォルクスワーゲン感があるのに、フォルクスワーゲンで無いところが良いのではないでしょうか???

SkodaからFabia新モデルが登場しそう!日本で馴染みの少ないメーカー・・・、でも新車・中古車なら並行輸入できそう

新型Skoda Fabiaのエクステリア等

新設計のラジエータグリルでは、垂直スラットデザインが特徴的に仕上がってますね。クリアなラインが、フォグランプが一体化されたライトとフロントバンパーのデザインを強調してます。典型的なSkodaスタイルでは、新しいヘッドライトはカットクリスタルガラスを連想でき、高品質であることをうかがわせます。

オプションとしてLEDヘッドライトも用意されており、バージョンアップも可能に。これからは、SkodaでもLED技術を昼間のランニングライトの標準として装備されてくるとの事。
 (46482)

15種類のエクステリアカラーが用意されているとの事。スチールグレーは、Skoda Fabia MONTE CARLO専用カラー。ハッチバックでは、ルーフ、Aピラー、ウイングミラー、オプションの16インチVigoホイールを対照的な色(黒、白、または銀)で飾ることも可能にしているようです。

 (46483)

LEDテールライトもオプション選択との事ですが、Skodaの典型的なC字形をさらに強調しているとの事。 LEDテールライトは、Skoda Fabia MONTE CARLOでは、標準装備となっています。統合されたリフレクターを備えた新しいリアバンパーは、リアセクションをより明確に、そして鮮明にみせるようにデザイン。
 (46485)

磨かれた黒いベガのリムは、Skoda Fabiaで初採用の18インチホイールです(ハッチバックのみ)。ユーザーは、合計6つの新しい合金ホイールデザインから選択することが可能との事。
 (46484)

新型Skoda Fabiaの内装等

新規採用の素材と機能のおかげで、アップデートされたSkoda Fabiaの内装は、さらにプレミアに変身したようです。新しいSimply Cleveのディテールでは、そのユーティリティをさらに昇華。長さが4メートル未満であるにもかかわらず、Skoda Fabiaは、5人の乗客に少なくとも330リットルの荷物用のスペースを確保。

ダッシュボード上のメータークラスターを更新したようです。ディスプレイをさらに簡単に読み取ることが出来るように配置。スタイルトリムレベルとSkoda Fabia MONTE CARLOの標準となるもう1つの機能は、センター・コンソール・コンパートメントのライトニング。
 (46486)

インフォテインメントサービスは、新しいSkodaコネクトサービスで常に最新に更新され保持されるとの事。 Swing Plusインフォテイメントシステムでは、Skoda Fabiaで初めて利用可能にした新機能。

スイングラジオとトップモデル、アムンゼンのように、6.5インチのカラータッチスクリーンで操作され、モバイル機器とペア設定も出来るように!

4つのオーディオとインフォテイメントシステムの選択をオーターが決めれます。 Swing、Swing Plus、Amundsenのインフォテインメントシステムは、6.5インチのタッチスクリーンで操作可能で、基本的なオーディオシステムであるBluesでもUSBとSDカードインターフェースまで装備。
 (46487)

新型Skoda Fabiaのセーフティ装備

包括的なパッシブおよびアクティブセーフティ機器が標準装備となっている様。 SkodaFabiaには、ESC(Electronic Stability Control)およびABS(Anti-lock Braking System)に加えて、
エンジンブレーキ制御(EBC)
ASRトラクション制御
油圧ブレーキアシスト
電子ブレーキ力配分
マルチ衝突ブレーキ
XDS電子差動ロックとタイヤ空気圧監視
さらに6つのエアバッグが乗員を保護し、2つのチャイルドシートをIsofixアンカーで素早く簡単に固定できるように。

オプションのアダプティブクルーズコントロール、リアビューカメラ、パーキングセンサー、都市緊急ブレーキ機能を内蔵したフロントアシスト、疲労検知(ドライバーアラート)、ライト&レインアシスト、スピードリミッター、ヒルホールドコントロール。

Blind Spot Detect、Rear Traffic Alert「Low」、Auto Light Assistの3つの補助システムがSkoda Fabiaではじめて搭載可能ともなりました。
 (46488)

新型Skoda Fabiaのパワートレイン等

3つの1000cc3気筒エンジンの選択肢があり、効率的で機敏なユニットとの事。出力は、75PSから110PSで搭載。もっとも強力なエンジンでは、オプションとしてオートマ7スピードDSGもチョイス可能に。

60PSの1000ccMPIバージョンは、後ほど発売される予定。どちらのTSIエンジンにもガソリンパティキュレートフィルタが装備。

エンジンパワーを前輪に伝達する5速マニュアルギアボックスが標準装備。 110PSの最も強力な1.0TSIエンジンでは、6速マニュアルギアボックスが標準装備されており、オプションで7速DSGも利用可能。ダイレクトシフトトランスミッションでは、手動と自動の両方でギアをアクティブに変更可能との事。

まとめ

中々日本では、お目見えしないSkodaというメーカー。チェコの企業で、今はフォルクスワーゲンの傘下となっております。このメーカーは、ドイツ等でも非常に人気のようです。そして日本でも新車並行・中古車で購入することが出来そうです!!!

人と違うものをとお考えの方、そして高額になり過ぎない外国車をとの方にもオススメかもしれませんね。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me