<動画あり>トヨタGR Supra GT4 Conceptを初公開!

2019年ジュネーブもーテーショーで、トヨタがGR Supra GT4 Conceptの公開を発表しました。新型スープラの販売開始も間近になっていますね。レースコンセプトのスープラをご紹介していきます。

トヨタGR Supra GT4 Conceptの概要等

トヨタは、スイス ジュネーブで3月7日(木)~17日(日)の期間で開催される2019年ジュネーブ国際モーターショーにて、「GR Supra GT4 Concept」を世界初公開することを発表しました。 同社では、グローバル事業として推進している「もっといいクルマづくり」の取り組みを軸として、モータースポーツを愛する世界中の人々に対して、もっと気軽にサーキット等を楽しんでもらえるモデルの開発を目的にしています。 さらにモータースポーツへの挑戦と、そこから得られた知識やパーツを市販にフィードバックさせたいという想いから、GR Supra GT4 Conceptを開発しました。 GR Supra GT4 Conceptは、トヨタ GAZOO Racingで初となるグローバルモデル「GR Supra」をベースにしたレーシングスタディの一つとして企画・製作されたモデルです。新型スープラをフル活用して、カスタマーモータースポーツの可能性を押し広げる目的があります。 欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が、開発を担当し、製作を行っています。このモデルの詳細をご紹介していきます。

GR Supra GT4 Concept

トヨタGR Supra GT4 Conceptのエクステリア等

フロントビューでは、市販車ベースとはいえ、かなり派手なバンパーデザインを採用しています。特にフロントアンダースポイラー&ディフェーザーのディテールは、サーキット仕様と言えるデザインですね。 GT4は、欧州や米国でも人気著しいカスタマーモータースポーツカテゴリーの一つです。市販車に改造を加えたレース仕様車は、お客様が購入して、スーパー耐久シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)など、世界中のさまざまなレースに参戦することができる仕様です。 新型スープラは、市販車の時点で、既に軽量、低重心、高剛性などの性能を与えられていて、さらにカスタマーモータースポーツのベース車両としても魅力的なモデルですね。
 (56559)

GTリアウィングが、神々しく光るリアビューですね。同コンセプトカーでは、市販車からさらなる軽量化を達成するだけでなく、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウィングなどのレースに必要な専用部品を開発・装着しています。
 (56560)

トヨタGR Supra GT4 Conceptの内装等

サーキットやレース走行に必要な装備を充実させながらも、モニターなど先進性のある装備も採用している模様です。市販車ベースであることが伺えるダッシュボード周辺と、レースに於いても耐久性や、扱いやすさも思慮されて、各パーツ類が搭載されていますね。 軽量化とは、レースの世界では非常に重要なファクターの1つです。軽量化が図られた新型スープラであっても、更なる軽量化を図っていることが、上記の画像からうかがい知ることが出来ますね。
 (56561)

トヨタGR Supra GT4 Conceptの目的

歴代のスープラは、世界のモータースポーツシーンで活躍していました。新型スープラは、その伝統を引き継いで、レースシーンで活躍できるモデルに作り上げていくトヨタの想いも公表されています。 2019年では、NASCARエクスフィニティ・シリーズ・ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)に参戦し、スープラの実力を思う存分発揮ていくことでしょう。そして2020年には、SUPER GTのGT500クラスにも参戦する計画も発動しています。 スープラという名称や称号を持たせたからには、トヨタとしてレースやサーキット界で結果を残していくという、強い決意が見られます。そして同社では、このレース結果や経験等を市販車にフィードバックすることで、一般ユーザーにより楽しいモデルやパーツを提供していく事にも重点を置いているのではないでしょうか!
 (56571)

GT4って?

日本ではまだ馴染みの少ないレースですが、欧州や欧米では非常に人気の高まっ ているのがGT4クラスです。FIA基準合格のレーシング車両を使用する点は、GT3と同様でもあります。 GT3マシンとは違い、より市販車に近いディーテルとなっている点が人気でもあります。いうならば、市販車と全く形や性能の違うGT3モデルよりも、市販車に限りなく近づいてイるモデルがGT3であり、市民やユーザーに近い存在ともいえます。 自動車メーカーやメーカー直系のチューニングメーカーが製作し販売、レース参戦するモデルと、チューニングメーカーやプライベートチームが自ら製作するものなどがあり、製作された車両は、FIAのテストで公認を受けたもののみだけ、GT4マシンとして認められるのも特徴です。 より観戦者やユーザー、そしてテレビの前の市民にも受け入れられやすい環境が、GT4クラスであり、その中でトヨタGR Supra GT4 Conceptが、発動していくことへのワクワク感が存在していますね、

まとめ

現在、市販車のスープラの復活が、間近になってきています。皆さんもスープラのCMを見たことがあるかもしれません。スープラ復活の一方、スープラという伝統名称を再度レース界に押し広めたいというトヨタの想いが、今回のGR Supra GT4 Conceptとなっているのではないでしょうか!
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。