2018年8月16日 更新

ABARTH 124spider 2Year Anniversaryが販売開始!周年記念車として特別装備がされているようです。

124spider販売開始からちょうど二年が経過しました。一年目が経過した際にも周年記念車が販売されました。今回は、2周年記念車として企画されました。アバルトの歴史を紐解きながらこのモデルの特別装備等を検証してみます。

ABARTH 124spider 2Year Anniversaryが販売開始!周年記念車として特別装備がされているようです。

アバルトの歴史を紹介!

カール アバルト(Karl Abarth=後のカルロ アバルト)という人物自体が歴史を形作っている模様。彼の道のりはレースとそのチューニングにあるともいえます。

彼は、幼少の頃から1番興味を持っていたのが、エンジンの世界。それゆえに、エンジンの仕事に従事することになった彼は、寝る間も惜しまずにサーキットやファクトリー工場にいるという状況。彼の心が、エンジンを中心に生活していたことが伺えますね。

第二次世界大戦は、彼の中で1番暗黒な時代でも有ったようです。戦時中イタリア市民権を有し、ユーゴスラビアに疎開したことでレース界をあきらめ、変わりに企業家としてクルマに関わることを決意。才気とエネルギー+企業家としての絶好の訓練期間であったようです。

カルロ アバルトの人生は、常に挫折と再起の繰り返しであったようで、少なくとも4回ほどはゼロからのスタートを繰り返したとも言われております。

1950年代には、アバルトにとって勝利と成功、そして新記録の連続を打ち出していました。この時期、会社と従業員数は拡大し、チューニングキットの売上も好調。 会社は急成長を遂げ、アバルトブランドも世界中へと拡大する中、輸出額は年間総売上の10%にまでになっていたようです。そんな中でも彼は、自ら指揮を取り開発等に没頭していた実務主義を貫く姿勢。

1955から1958年アバルト人気の絶頂期時代。スポーツカーやレーシングカーの設計や製作で大きな成功を収めた後、アバルトは一般大衆にも目を向け、サブコンパクトカーと呼ばれる小型車の設計を開始。

成功例として「アバルト 750 GT」や「イカれた小さなクルマ」として一般の人々の注目を集めた伝説の「アバルト 500」などがあります。

サソリのエンブレム 黄金の10年の到来。1960年代は、サソリのエンブレムにとって黄金の10年間となりました。これまでにも増して広く深く勝利を収めた同社。「アバルト」の名は、パフォーマンス、チューニング、アップグレード、さらにアバルトと言う単語は、勝利の言葉として、世の中に浸透していきました。

レースやチーム運営において、多額の資金を必要とするモータースポーツの世界。利益よりも勝利を目指した「アバルト流」の経営の結果、カルロはついにフィアットとの完全合併をする事となる。

情熱的なモータリストの心に生き続けるアバルト伝説に、新しいフィアットのアバルトが加わっているのが現在。サソリは新たなロゴ、新たなクルマ、そして新たなキットを身にまとい復活しています。伝統を踏襲した変わることのないアバルトの魂が、今尚受け継がれています。

THE SCORPION TALES さそり座の物語 第二章

ABARTH 124spider 2Year Anniversaryのエクステリア

風を感じるボディデザインであるFRオープンスポーツ「ABARTH 124 spider」が、今から二年前に誕生。2周年を記念した限定車「ABARTH 124 spider 2Year Anniversary」が2色のメタリックカラーで登場しました。心まで解き放たれる唯一無二の走りを五感で感じられるようになっている模様。

 (39043)

GRIGIO ALPI ORIENTALI 1974 シルバー(メタリック・限定車専用色)・ERO SAN MARINO 1972 ブラック(メタリック・限定車専用色)の2カラーが用意されております。そしてそれぞれ50台ずつの販売となっております。
 (39044)

ABARTH 124spider 2Year Anniversaryの内装

 (39048)

・専用ブラックレザーシート
・ナビゲーション用SDカード付きCD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー
・アダプティブ機能付フルLEDヘッドライト(光軸自動補正式)
・ヘッドライトウォッシャー
 (39049)

ABARTH 124spider 2Year Anniversaryのパワートレイン等

①全長×全幅×全高(mm)=4,060×1,740×1,240mm
②エンジン種類は、 直列4気筒マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボ
③最高出力は、170ps
④最大トルク、25.5kgm
⑤燃料は無鉛プレミアムガソリン
⑥トランスミッション形式は、6速マニュアル
⑦サスペンションは、前:ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)/後:マルチリンク(スタビライザー付)
⑧ブレーキシステムは、前:ベンチレーテッド ディスク/後:ディスク
⑨タイヤサイズは、205 / 45R17
⑩燃料消費率JC08モード(km/ℓ)にて13.8km/L
 (39115)

まとめ

ABARTH 124 spider 2Year Anniversaryは、 6速マニュアルトランスミッションで4,202,000円となっております。通常モデルの124 spider は、3,986,000円ですので、せっかく124 spiderをチョイスするならば、この執念記念車を選択するのも良いのではないでしょうか!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me