2019年8月6日 更新

アウディから新型Q3スポーツバックが公開

アウディが新型Q3スポーツバックの本国販売を発表しました。同モデルは、日本にも導入されていますね。新型のエクステリアや内装、パワートレインをご紹介します。

アウディから新型Q3スポーツバックが公開

アウディ 新型Q3スポーツバックのエクステリア等

新型フロントビューは、八角形シングルフレームのブラックグリルが強く立体的にディテールされています。これは同モデルを特にスポーティーに見せる仕様です。末広がりの台形型エアダクトと水平なブレードを採用した表情豊かなフロントバンパーもスポーティに見えますね。

クーペのようなスタイルは、低いルーフラインとフラットDピラーへ綺麗にカーブを描くディテールです。ルーフエッジスポイラーが、リアをスポーティに見せていますね。アウディQ3 スポーツバックは、姉妹モデルQ3よりも長く見えるように仕上がっています。

さらに同モデルは、フラット部分が通常モデルよりも30㎜長く、よりマッスル感を与えています。タイヤ上で、強調荒れているアーチモールは、クワトロドライブであることを主張しているデザインです。

https://www.netcarshow.com/ (64105)

via https://www.netcarshow.com/
新型リアビューは、プラスチック製の素材を多く使用することで、光と影の効果を生み出しています。ルーフエアロ下にある低いリアウィンドウに、ダクト付きのスポーティリアバンパーは、アウディQ3スポーツバックの横幅を強調していますね。

アップデートされたリアテールランプは、フロントヘッドライトにシンクロするような横に細長いディテールとなっていて、アウディのリアのシグネイチャーデザインともなっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (64106)

via https://www.netcarshow.com/

アウディ 新型Q3スポーツバックのサスペンションやステアリングシステム等

アウディQ3スポーツバックは、さまざまな地形でもドライビングできる能力を持って登場しています。市内、長距離路線、ワインディングロードなどで、同モデルは、コンパクトクロスオーバーとして、ダイナミックなオールラウンダーに仕上がっています。

標準装備されたプログレッシブステアリングでは、ステアリング角度が増加するにつれて、直接的なハンドリングになり、スポーツサスペンションによって、路面をしっかりと捉える仕様です。

サスペンションは、ダンパーコントロール付きとなっていて、さらにダイナミズムと快適さの間を広げてくれる仕様です。運転状況、道路状況、個人の好みに応じて、ドライバーは、標準のダイナミックハンドリングシステム、アウディドライブセレクトを通じで、オフロードモードを含む6つのプロファイルで車の特性を変えることができます。

エンジンとトランスミッションの設定に加えて、同システムは、エレクトリックスイッチ調整可能なショックアブソーバーとステアリングアシストの調整も行われます。オプションとしてヒルディセントコントロールシステムでは、6%以上の傾斜でドライバーによって選択された速度を一定に保つシステムです。
https://www.netcarshow.com/ (64107)

via https://www.netcarshow.com/

アウディ 新型Q3スポーツバックの内装等

操作パネルと表示パネルでは、アウディがデジタル化をどのように勧めていくかを表現した仕様になっています。10.25インチのデジタルメーターパネルがあり、ドライバーは多機能ステアリングホイールを使ってモニターを操作できます。

最高水準システムのMMIナビゲーションプラスでは、ディスプレイがAudi仮想コックピットに表示されることで、多くの追加機能が用意されています。10.1インチタッチディスプレイが、インストルメントパネルの中央に配置されて、機能が選択されると、それは音響フィードバックをしながら表示されます。

フルサイズクラスのモデルと同様に、幅広い高光沢のブラックトリムに囲まれています。その下に配置されているエアコンコントロールユニットと一緒に、ディスプレイは運転者に向かって10度人間工学的に傾けられています。

https://www.netcarshow.com/ (64108)

via https://www.netcarshow.com/
アウディQ3スポーツバックは、全長4.500㎜、全幅1.840㎜、全高1.560㎜です。ホイールベースは、2.680㎜となっています。このホイールベースによって、広くて非常に可変的なインテリアを構成しています。

後部座席には、ゆとりのある3人用のスペースがあります。標準として縦方向に130mm動かすことができます。リアシートは、3つのセクションに分けることが可能で、シートリクライニングは、7段階で調整することが可能です。

ラゲッジルームの容積は、530リットルから1,400リットルの範囲で可変可能です。荷台は、2段階に調節でき、後部棚は下にあります。オプションとして、アウディは足の動きでも開閉できる電気テールゲートをチョイスすることが可能です。
https://www.netcarshow.com/ (64109)

via https://www.netcarshow.com/

アウディ 新型Q3スポーツバックのパワートレイン等

まずは、ヨーロッパで発売開始するために、ガソリンとディーゼルエンジンが用意されています。アウディQ3スポーツバックのパワートレインは、ガソリンモデルでは、2.0 TFSIの230ps仕様です。ディーゼルモデルでは、2.0 TDIを搭載していて、最高出力は、150psです。最初のモデルが発売されて、直ぐにクワトロドライブ付きのマニュアルトランスミッションも用意される予定です。

より強力なディーゼルエンジンとエントリーレベルのガソリンエンジン(48Vマイルドハイブリッドシステムと一緒に作動する)を含む、追加のエンジンラインアップが、2019年中にもされるとのことです。

https://www.netcarshow.com/ (64110)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

欧州でのアウディ Q3 スポーツバックの納車は、2019年秋に開始される予定です。ドイツ本国では、35 TDI quattro S tronicの開始価格が、46,200ユーロ(日本円で約560万円)で、35 TDI S tronicの価格は、40,200ユーロ(日本円で約487万円)です。

本国で、今年の秋に販売開始になるとのことですので、日本に導入される際には、2020年明けが1番早い導入になるのではないでしょうか。同モデルの日本登場が楽しみですね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me