2019年1月9日 更新

スズキ ジムニー(シエラ)で面白コンセプト登場?pickup・5ドアなど

スズキは、東京モーターショー2019にて、ジムニー&シエラのコンセプトモデルを出展予定です。スズキジムニー(シエラ)らしいコンセプトに仕上げています。さらに、今後開発されたら面白いモデルも含めてご紹介していきます。

スズキ ジムニー(シエラ)で面白コンセプト登場?pickup・5ドアなど

スズキ ジムニー&シエラ東京モーターショー2019出展予定

スズキは、ジムニー&シエラのコンセプトカーを東京オートサロン2019で出展する予定です。コンセプト名は、ジムニーサバイブとジムニーシエラピックアップスタイルとなっています。スズキジムニー&シエラの発展性を示唆したモデルですね。

スズキ ジムニーシエラピックアップコンセプト

小さなトラックにも見えるスタイルは、フロントグリル等をオールドスタイルにしたことで、レトロ感も演出しています。エクステリアでは、イエローのボディに木目デカールをインストールしたことで、優しさとレトロ感を寄与したのがポイントです。

フロントバンパーは、牽引フック一体となっていて、アンダーガードも装着されています。これは、サイドシルガードともシンクロするデザイン(カラー)となっていて、純正らしい仕上がりです。

ルーフに備えられた4つのライトは、LEDスポットライトとなっています。オールドトラック感をかもし出しながら、必要なところには最新の技術を盛る込んでいることが伺えますね。
 (53480)

スズキ ジムニーサバイブコンセプト

ジムニーは、可愛らしいアイコンだけでなく、タフさを兼ね備えたモデルです。可愛らしいとタフの両方を取り込んだモデルは、製造メーカーのスズキだから成し得ていますね。

同モデルは、ハードコアオフローダーのために仕上げています。エクステリアでは、より車高を高め、ノビータイヤを装着しているのが特徴的です。フロント部は、スチール製バンパー内に牽引フックとウィンチを統合させています。

可愛らしいヘッドライトには、保護するためにガードが付いています。フロントとリアフェンダーコーナーには、ダイヤモンドプレートスチールが飾られ、マッド感がたっぷりですね。

A・B・Cのピラーは、外側からロールゲージが設けられ、ルーフラックと一体化となっています。ルーフに装備されたリカバリーボードは、ハードオフロード時に脱出できなくなった時などに役立つパーツです。

筆者は、ジムニーを知り尽くしたスズキだからこそ、色々考えられたアイテムだと感心します。さまざまなパーツが、他のカスタムメーカーからも考案されている新型ジムニーですが、純正ならではのシックリ感やフィット感に仕上がっているでしょう。

ノビータイヤ(ブロックタイヤ)とは
トレッド面全体が、いぼ状のパターンを持つタイヤのことをいい、未舗装路でのオフロード走行に主に用いられます。日本ではブロックタイヤと言われることが多いです。
 (53528)

面白企画ver.1 ジムニーシエラ5ドア仕様

スズキジムニーといえば、3ドアSUV(クロスカントリー)仕様のみの製造・販売です。筆者は、軽自動車規格のジムニーではちょっと難しいかもしれませんが、シエラであれば、5ドア仕様を企画してもらえないかと願っていました。

そう思っていた矢先に、一枚のレンダリング画像が流出してきました。5人がきちんと乗れて、荷物も積める仕様ですね。特に毎回フロントシートを倒したりして、乗降しなくて済むことが第一のポイントとなっています。加えて、ホイールベースが長くなることで安定性も増加するでしょう。

現在、軽自動車規格として5ドアタイプを開発するのは、サイズ的に難しい部分が多いでしょう。そしてジムニー本来の姿を維持していくことに欠けてしまうかもしれません。ジムニーシエラであれば、サイズにもパワートレインチョイスにも自由度があるので、可能ではないでしょうか!

スズキが、5ドアモデルの投入検討をしているかは不明でありますが、開発されたら確実にジムニーシエラの販路を拡大するモデルになると予想します。
 (53481)

面白企画ver.2 ジムニー(シエラ)コンバーチブル仕様

こちらのデザイン画像は、X-Tomi Designというところで作成されました。雨等を防ぐルーフは、トランクに折りたたみ式布ルーフが格納されている仕様です。後部窓は存在せず、安全性アップのためのルーフバーが1本存在するシンプル設計となっていますね。

エクステリアディテールは、初代、2代目にあったソフトトップ仕様を踏襲している印象もありますね。インテリアでは、先進技術も投入された現代仕様です。基本は、5速マニュアル設定で、4速オートマは、オプション利用が考案されています。

ユーザーのお好みに合わせて15インチ・16インチホイールがチョイスでき、クルーズコントロールやキーレスエンジン始動、ステアリングボタン等、快適装備が装備される計画です。

 (53482)

まとめ

スズキは、ジムニー&シエラコンセプトを、東京オートサロン2019で出展する予定です。純正ならではでのフィット感やしっかりした作りとなって登場するでしょう。

さらに、これから出来たら面白い仕様のモデルも示唆されました。5ドアモデルは、筆者も個人的には開発を期待したいと思っています。今後のスズキジムニー&シエラの拡大が非常に楽しみです。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me