2019年12月2日 更新

ベンツが「E 350 de」・「E 350 e」と2つのプラグインハイブリッド車を発表!

ベンツがクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド車である「E 350 de」と、ガソリン・プラグインハイブリッド車である「E 350 e」を10月24日に発表しています。どのような仕様になっているのか、詳細を紹介していきます。

ベンツが「E 350 de」・「E 350 e」と2つのプラグインハイブリッド車を発表!

「E 350 de」・「E 350 e」の詳細

E 350 de (クリーンディーゼル・プラグインハイブリッド)とE 350 e (ガソリン・プラグインハイブリッド)を発表 (69212)

「E 350 de」

「E 350 de」(正式名称:E 350 de アバンギャルド スポーツ)には、最高出力194PS(143kW)、最大トルク400N・mを発生する、メルセデス・ベンツ最新の2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンが搭載されます。振動、騒音が低減されており、快適なドライブを実現します。さらに、排出ガス浄化経路の短縮やsDPF(DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)を採用するなど、排気の浄化にも注力して開発されています。
このエンジンと組み合わせられるモーターは最高出力122馬力(90kW)、最大トルク440N・mで、システム総合の最高出力は306馬力(225kW)、最大トルクが700N・mとなり非常にパワフルでスムーズな加速を実現します。なお、電気モーターのみで走行可能な航続距離は最長50kmとなります。

クリーンディーゼルとプラグインハイブリッドを組み合わせた乗用車は日本初で、近距離は電気自動車のように電気モーターのみで走行することも可能で、遠距離のドライブではクリーンディーゼルエンジンの低燃費な特性により、様々な状況で、クリーンで低燃費な走りを実現しています。また、「ハイブリッドモード」では、電気モーターとエンジンの協調により、低振動、低騒音でスムーズな加速が可能となっており、メルセデス・ベンツに相応しい快適性を実現しています。

「E 350 e」

「E 350 e」(正式名称:E 350 e アバンギャルド スポーツ)には、最高出力211PS(155kW)、最大トルク350 N・mを発生する、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載されます。
このエンジンと組み合わせられるモーターは「E 350 de」と同じ、最高出力122馬力(90kW)、最大トルク440N・mで、システム総合の最高出力は320馬力(235kW)、最大トルクが700N・mとなります。なお、電気モーターのみで走行可能な航続距離は最長51kmとなります。

リチウムイオン電池・充電器

「E 350 de」と「E 350 e」にはダイムラー社の完全子会社である「Deutsche ACCUMOTIVE」によって生産された13.5kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されます。小型化されたこのバッテリーは、複数のモデルに搭載することを前提として汎用性が高い設計がされています。
またベンツが、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポート(※充電用ウォールユニット無償提供を希望された方のみ対象)を実施し、短時間での充電によるユーザーの利便性を向上しています。

インテリジェントアクセルペダル

「インテリジェントアクセルペダル」には2つの機能があります。
「プレッシャポイント機能」は、EV走行モードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現します。
「ダブルパルス機能」は、ディスタンスアシスト・ディストロニック同様、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせ、不要なアクセルワークを防ぎます。

価格

「E 350 de」・「E 350 e」の価格は、
クリーンディーゼル・プラグインハイブリッド車の「E 350 de」が、8,750,000円~
ガソリン・プラグインハイブリッド車の「E 350 e」が、8,520,000円~
になっており、どちらも税込の価格になっています。

まとめ

今回は、ベンツのプラグインハイブリッド車である、「E 350 de」・「E 350 e」の詳細を紹介してきました。
特に「E 350 de」は、国産車ではまだ存在しないクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド車なので、ガソリン・プラグインハイブリッド車とはまだ違った新鮮な乗り味を感じることができます。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi