2019年5月2日 更新

年内生産終了予定の「トヨタ・マークX」と「三菱・パジェロ」に「ファイナル・エディション」設定!

「トヨタ・マークX」と「三菱・パジェロ」が現行モデル最後となる“ファイナル・エディション”を設定し、とに24日に発売開始しました。ともに年内に生産を終了し、長きに渡る歴史に幕を下ろすことを発表しています。

年内生産終了予定の「トヨタ・マークX」と「三菱・パジェロ」に「ファイナル・エディション」設定!

マークX特別仕様車“ファイナル・エディション”

初代コロナマークⅡ

初代コロナマークⅡ

2004年初代マークX

2004年初代マークX

トヨタは、マークXに特別仕様車 250S“ファイナル・エディション”ならびに250S Four“ファイナル・エディション”を設定しました。

マークXは、1968年に前身モデルであるマークⅡとして登場以来、50年以上にわたり販売され、2019年12月をもって生産終了となります。2004年にマークXに改名以降は、高性能でプレミアムなセダンとしてその名を刻み続けてきましたが、セダン不況の中販売が低迷し、ついにその歴史に幕を閉じようとしており、最後に感謝を込めて特別仕様車を設定することになりました。

内外装を特別にしつらえた“ファイナル・エディション”

 (59712)

TOYOTA、マークXの特別仕様車を発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (59708)

“ファイナル・エディション”の外装はスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。外板色には、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色を設定しました。

また、インテリアには、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ®+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用しています。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たものになっています。

さらに、安全性能の充実を図り、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備するなど、デザインだけでなく安全装備も充実させた仕様となっています。
車両本体価格

250S“ファイナル・エディション”:3,331,800円
250S Four“ファイナル・エディション”:3,489,480円

マークX 特別仕様車 250S“Final Edition”/250S Four“Final Edition” 車両情報
https://toyota.jp/markx/grade/special/

特別仕様車パジェロ「FINAL EDITION」

1982年初代パジェロ

1982年初代パジェロ

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (59729)

三菱自動車は、オールラウンドSUV 「パジェロ」に特別仕様車「FINAL EDITION」を設定し、24日(水)から販売を開始しました。なお、現行モデルの国内販売向け「パジェロ」は、2019年8月をもって生産を終了します。
1982年に発売を開始した「パジェロ」は、オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得。これまで国内で累計64万台以上を販売してきました。

現行モデルは2006年に登場した4代目にあたり、「スーパーセレクト4WD-II」や「アクティブスタビリティ&トラクションコントロール」の採用など、改良を続けながら約13年のロングライフモデルとなりましたが、フルモデルチェンジされることなく、ついにその歴史に幕を下ろすことになります。

装備アップでお買い得な特別仕様車「FINAL EDITION」

 (59720)

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (59721)

特別仕様車「FINAL EDITION」のエクステリアは人気グレードである「EXCEED[クリーンディーゼル車]」をベース車とし、ルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備。ボディカラーは、モノトーンのウォームホワイトパール、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリック、3way2toneのスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリックの全4色を展開します。

また、インテリアは、本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を標準装備。機能面では、寒冷地仕様を標準装備し、寒い環境での利便性を向上したほか、悪路での脱出性能を高めるリヤデフロックや、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備しています。

販売台数700台限定となる同モデルの車両本体のメーカー希望小売価格は4,530,600円 (消費税8%込)となっています。

まとめ

ともに現行モデルとなってからは、車の出来は良くても市場の変化に対応できず、販売不振でモデルライフも長くなり、フルモデルチェンジしても拡販が見込めないと判断されて、リストラされる運命となりました。歴史あるネームも、多くの車種同様に合理化という波には無力ということでした。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン