2018年6月23日 更新

ルノーからかわいい仕様のトゥインゴPHマカロンが限定販売!コラボ企画のモデルを紹介。

いろいろとコラボ企画や専用カラー等、企画物を設定してくれるルノー!今回は、トゥインゴから皆さんもおなじみのお菓子「マカロン」が、限定販売されるとの事。ピエール・エルメとのコラボ企画ともなっているこのモデルを追いかけます。

ルノーからかわいい仕様のトゥインゴPHマカロンが限定販売!コラボ企画のモデルを紹介。

ルノー トゥインゴ PH マカロン(ブラン クリスタル)

ピエール・エルメ・パリのマカロン、アンフィニマンシリーズがモチーフとなっている模様。ひとつの素材を追求し、その素材のすべての味覚が詰まったフレーバーが特長のマカロン。

アンフィニマン シトロンやアンフィニマン ピスターシュをイメージしたカラーコーディネートにして、ピエールのマカロンとシンクロ!
 (34093)

ルノー トゥインゴ PH マカロン(ブルー ノクターン M)

モガドールは、甘酸っぱいパッションフルーツと印象深く、甘めのミルクチョコレートの組み合わせが豊かな味わいのマカロンとの事。味覚を刺激する独創的で感動的なハーモニーも特徴のマカロン。モガドールをイメージしたカラーコーディネートでシックさも演出。

 (34094)

ルノー トゥインゴ PH マカロンPHって・・・?

ピエール・エルメ・パリのロゴがCピラーにインストール。「ピエール・エルメ・パリ」ブランドの誕生20周年を記念して、ルノーとのコラボレーションによって生まれたというかなり限定色の強い印象。

ピエール・エルメって・・・?
四代続くアルザスのパティシエの家系で生誕。14歳のときガストン・ルノートルの元で修業をスタートし、鬼才ぶりが、世界的に認められヴォーグ誌からパティスリー界のピカソと称賛されるまでに!

現在、国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長としても活躍している方、それがピエール・エルメとの事です。

21世紀のパティスリー界を牽引する第一人者、それがピエール・エルメのパティスリーのようです。「ピエール・エルメ・パリ」は高名なコルベール委員会に所属。

パリ、ストラスブール、ニース、ロンドン、ドバイ、ドーハ、東京、横浜、名古屋、神戸、京都、香港、ソウル、バンコク、およびマカオなどに事業展開もして、2018年ブランド誕生20周年を迎えた歴史あるお菓子屋ということでしょう!

 (34095)

ルノー トゥインゴ PH マカロンの専用装備

・ PH マカロン専用サイドストライプボルドーor PH マカロン専用サイドストライプオレンジ
・ 16インチアロイホイールEMBLEME
・ プライバシーガラス(リアサイド・リアガラス)
・ PH マカロン専用ロゴステッカー
・ PH マカロン専用CABANA製シートカバー
 (34096)

ピエール・エルメ・パリ コラボアイテムプレゼントとの事!

ルノー トゥインゴ PH マカロンをご成約いただいたお客さまに、「マカロンとドライブ」をテーマとした、ルノー&ピエール・エルメ・パリコラボアイテムのプレゼントを実施との事。

マカロンバッグは、本体にマカロンとレザー部にウォーターボトルを収納できる、お出かけにおしゃれなバッグとなっている様です。ポーチはドライブの小物を、コインケースはパーキングのお支払などにも便利、車載しておけるセット品!
 (34097)

ルノー トゥインゴ PH マカロンの主要緒元&安全装備

主要緒元
全長×全幅×全高(mm)=3,620×1,650×1,545mm
ハンドル=右
エンジンタイプ=ターボチャージャー付直列3気筒DOHC12バルブ総排気量:0.897L
最高出力(EEC)=66kW(90ps)/5,500rpm
最大トルク(EEC)=135N・m(13.8kgm)/2,500rpm
トランスミッション=6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
使用燃料=無鉛プレミアムガソリン
燃料供給装置=電子制御式マルチポイントインジェクション
タイヤ=前 185/50R16 / 後 205/45R16
ブレーキ=前 ベンチレーテッドディスク / 後 ドラム
車両重量=1,010kg
乗車定員=4

安全装備
LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報
ルノー トゥインゴ PH マカロンには、LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報が装備されて登場しています。車線逸脱警報の作動は、フロントカメラで車両前方の白線を検知し、ドライバーが意図せずに車線をはみ出しそうになった場合、ブザーで注意を促す仕様とのこと。作動速度=時速約70km以上。

 (34110)

まとめ

筆者が非常に感じるのは、フランスやイタリアメーカーのモデルは、世代交代スパンが日本車に比べて長いと思うのですが、多くの特別仕様モデルや限定仕様モデルを展開してくれると考えます。

しかも一年に1回というのではなく、沢山の企画を提案してもくれていると感心します。今回ルノートゥインゴからマPHマカロン企画が登場。

このモデルは、限定100台となっており、申し込みが多い場合は抽選ともなっております。それだけピエール・エルメとのコラボレーションも珍しいのでしょう!

価格は、2.120.000円との事です。2018年6月21日~ 6月28日の、申す込み起源ですのでお気になった方は、お早めに!!!
 (34098)

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me