2018年5月10日 更新

スバル史上最大のでかさ!アセント生産開始!

スバルは米国生産拠点であるSIAにおいて、5月7日、新型3列シートSUVの「アセント」の生産を開始しました。「アセント」は、スバルが北米市場向けに開発された7/8人乗りの3列シートSUVであり、スバル最大の約5mもの全長を誇ります。

スバル史上最大のでかさ!アセント生産開始!

アセントとは?

株式会社SUBARU ニュースリリース (30328)

実は、スバルの北米市場向け車種には、「トライベッカ」という3列シートのクロスオーバーSUVが2007年から2014年まで販売されており、生産も今回の「アセント」と同じく、アメリカ・インディアナ州のSIA工場で、ヨーロッパ向けにも輸出されていました。日本国内では、「エクシーガCROSSOVER7」が2018年3月まで販売されており、スバルの先見の名の確かさと、市場への早すぎた投入という、残念な部分が浮き彫りにされる商品展開です。

しかし、今回は市場のニーズにきっちり合わせたタイミングでの登場であり、「トライベッカ」の非力さや、「エクシーガCROSSOVER7」のクロスオーバーしきれなかったデザインではなく、新開発の直噴ターボエンジンと、スタイリッシュなエクステリアとなっています。

超が付くほどでかいアセント

株式会社SUBARU ニュースリリース (30331)

ボディサイズ(全長/全幅/全高):4,998/1,930/1,819mm
ホイールベース:2,890mm

内外のデザインは画像を見ていただくとして、注目すべきはそのボディサイズ。「トライベッカ」もかなり大きかったのですが、「アセント」はその上を行くほぼ5mの全長と、1.9mを超える車幅を誇ります。あの長いボンネットの「エクシーガCROSSOVER7」より、約22㎝も長く、車幅の18㎝広いのですから、その大きさは乗用車としては巨大。騒然室内は広いのは言うまでもないでしょう。

「アセント」の室内は、乗員同士の快適な距離だけでなく、そのよゆうある空間を活かした十分なサイズのカーゴスペースを確保しています。また、運転席にクッション長調整機能付きフロントシートを初採用、さらに、2列目シートにミニバンのような2名掛けのキャプテンシートを採用、さらにカーゴスペースには影響しない、駆動ユニット一体のパワーリヤゲートをスバルとして初採用するなど、広さだけではなく、機能性も十分に備えています。

アセントの走行性能と動力性能

株式会社SUBARU ニュースリリース (30334)

エンジン:水平対向4気筒 直噴ターボ2,387cc
最高出力:260hp/5600rpm

新開発2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジンを採用。また、シンメトリカルAWD、悪路走破性を高めるX-MODEの採用。さらに、220mmの最低地上高を確保し、アプローチアングル/ディパーチャ―アングル/ランプブレークオーバーアングル等も最大限確保し、ゆとりあるロードクリアランスを実現。大きな車体の「アセント」であってもスバルのSUVらしい安心の走破性と、ドライバーにも家族にも気持ちよい走りは忘れていません。そして、スバル初となる最高5,000ポンドのトーイング性能により、北米の大型SUVにとっては必須条件のキャンピングカーやボート等の牽引も可能にしています。

もちろんアイサイトは標準装備

株式会社SUBARU ニュースリリース (30337)

「アセント」には、運転支援システム「アイサイト」と「アイサイトアシストモニター」を全車に標準装備しています。さらに、後退時自動ブレーキにより、車両後退時の衝突回避または衝突による被害軽減を実現し、後側方警戒支援システムにより、自車の後側方から接近する車両を検知。また、ステアリング連動ヘッドランプの設定により、明瞭な夜間視界を提供し、ハイビームアシストにより、夜間走行時の視認性を向上させています。

まとめ

株式会社SUBARU ニュースリリース (30340)

「アセント」は、アメリカでの受注はすでに4500台以上となり、米国では初夏に発売される予定となっています。日本国内での発売される可能性はゼロに近いのですが、この超でかい車を乗り回せるアメリカのユーザーが、ちょっとうらやましく思えます。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン