2019年9月12日 更新

スズキの軽トラック「キャリイ」が、より安全装備を充実されて発売!

スズキの軽トラックの代表的なモデルである「キャリイ」が、より安全装備を充実されて今月の17日に発売します。その内容がどんなものなのか、その詳細を紹介していきます。

スズキの軽トラック「キャリイ」が、より安全装備を充実されて発売!

「キャリイ」の概要

「キャリイ KC」

「キャリイ KC」

「キャリイ」は、スズキが1961年から製造・販売している軽トラックです。現行モデルは11代目のモデルであり、2013年から販売されています。またスズキの新車で購入できる自動車の商標としては、11代目で58年の歴史を持ち、最古の商標になります。さらに1971年~2009年までの39年連続で、日本国内で販売されているトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数第1位であり、2010年1月で累計販売台数400万台を達成した人気モデルになります。
「キャリイ」には、軽トラックNo.1のフロア長と荷台床面地上高が魅力な通常の「キャリイ」と、ゆったりキャビンで快適・便利な「スーパーキャリイ」という2つのタイプのモデルが存在します。今月17日に発売する「キャリイ」は、そのどちらにも安全装備を充実させた内容になっており、以下にその詳細を紹介していきます。

一部仕様変更内容

今回の一部仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、軽トラックで初めて夜間の歩行者を検知可能としました。軽トラックで唯一搭載している「前後の誤発進抑制機能」に加え、「車線逸脱警報機能」、「ふらつき警報機能」、「先行車発進お知らせ機能」、「ハイビームアシスト」なども新たに採用することで、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させました。これらの機能を「KX」、「スーパーキャリイ」、「特別仕様車KCスペシャル」、「農繁スペシャル」に標準装備したほか、メーカーオプション設定車を増やしました。
また、ボディーカラー色は「クールカーキパールメタリック」を新設定するなど、全5色になりました。
「KX」グレードは、フォグランプベゼルをメッキに変更され、全グレード共通でヒーターコントロールパネルをダイヤル式に変更しています。

「デュアルカメラブレーキサポート」

キャリイ スーパーキャリイ 安全装備 | スズキ (65997)

2つのカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告します。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動し、ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシストします。さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。この機能は軽トラックでは初搭載の機能になっており、夜間歩行者検知に対応した衝突被害軽減ブレーキになっています。

「前後の誤発進抑制機能」

「誤発進抑制機能」

「誤発進抑制機能」

「誤発進抑制機能」は、駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトを5MT車はR以外、3AT車はD・2・L(前進)、5AGS車はD・M(前進)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制します。急発進・急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献します。
「後方誤発進抑制機能」は、後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止します。シフトの入れまちがいなど、うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。この機能は、軽トラック初搭載の機能になります。
「後方誤発進抑制機能」

「後方誤発進抑制機能」

「車線逸脱警報機能」

キャリイ スーパーキャリイ 安全装備 | スズキ (66004)

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測し、前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

「ふらつき警報機能」

キャリイ スーパーキャリイ 安全装備 | スズキ (66007)

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測します。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

「先行車発進お知らせ機能」

キャリイ スーパーキャリイ 安全装備 | スズキ (66010)

停車中、前のクルマが発進して約4m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

「ハイビームアシスト」

キャリイ スーパーキャリイ 安全装備 | スズキ (66013)

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームになります。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

「キャリイ」の価格

「キャリイ」の価格は、
通常の「キャリイ」で、722,520円(KC)~1,270,080円(KX)
「スーパーキャリイ」で、1,022,760円(L)~1,387,800円(X)
になります。
(KC パワステ)・(KC パワステ農繁仕様)・(KC エアコン・パワステ)・(KC エアコン・パワステ農繁仕様)には、オプションで今回紹介した安全機能である「スズキ セーフティ サポート」を装着できます。(KC)グレードではこの安全機能は装着できません。

まとめ

今回はスズキの代表的な軽トラックである「キャリイ」の一部仕様変更内容を紹介してきました。
安全機能が充実したため、より業務中の運転に安心が備わり、ビジネスワーカーの大いに役立つ機能になっています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi