スズキが「アルト」の40周年記念特別仕様車を発売!その詳細を紹介します!

アルトは、スズキの軽自動車として40年もの長い歴史を持っています。そんなアルトの40周年記念特別仕様車をスズキが発売したということで、その詳細を紹介していきます。

アルトの概要

アルト スタイリング | スズキ (62205)

アルトは、小さなクルマに求められる運転のしやすさ、使い勝手の良さ、安全性、経済性の高さ、お求めやすい価格、多用途に使える実用性を備えた軽自動車です。1979年5月に発売して以来、環境性能や安全性能をはじめとする、自動車を取り巻く社会環境やユーザーからの要望に応え、40年間8代にわたり進化を続けてきました。またアルトの国内累計販売台数は、スズキ車国内最多の514万台に達しており、スズキを代表する日本の軽自動車として愛され続けています。
今回はそんなアルトに40周年記念特別仕様車が設定されて発売されたとのことで、以下にその詳細を紹介していきます。

アルト40周年記念特別仕様車 「Lリミテッド」

特別感のある内外装

スズキ、軽乗用車「アルト」に「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」を設定して発売|スズキ (62227)

40周年特別仕様車である「Lリミテッド」は、Lグレードのスズキセーフティサポート装着車をベースに、快適装備を充実させながらお求めやすい価格設定としています。
エクステリアは、専用エンブレム[40th Anniversary](バックドア)を装着し、40周年記念特別仕様車としての特別感を演出しています。ボディーカラーは、特別設定の「ブリスクブルーメタリック」をはじめ、全5色から選択できます。
インテリアは、インパネカラーパネル(ブラック)・ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)・エアコンサイドルーバーリング(サテンメッキ調)・エアコンセンタールーバー(サテンメッキ調)・メッキインサイドドアハンドルを採用しています。
スズキ アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド | スズキ (62231)

充実した快適装備

充実した快適装備も特別仕様車ならではの仕様になっています。
電動格納式リモコンドアミラー・カラードドアミラー・ヒーテッドドアミラー(4WD車)・スモークガラス(リヤドア、バックドア)・UVカット機能付ガラス(全面)が用意されており、様々な環境下でも快適にドライブできるクルマへと進化しているのです。

安全装備の充実

安全装備として、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを標準装備しています。
「デュアルセンサーブレーキサポート」は、危険が迫ると、まずブザーと表示で警告してくれます。さらに危険が迫ると、ブレーキ踏力をアシストし、さらに衝突の可能性が出てくれば、自動(衝突被害軽減)ブレーキを発動します。
「後退時ブレーキサポート」は、同様にまずブザーと表示で警告してくれます。さらに衝突の危険が迫れば、自動(衝突被害軽減)ブレーキを発動します。

「Lリミテッド」の価格

「Lリミテッド」の価格は、955,800円(2WD)・1,063,800円(4WD)になっています。
ベースとなったLグレードのスズキセーフティサポート装着車の価格が、953,640円(2WD)・1,059,480円(4WD)となっており、2WDは価格差が約2,000円・4WDは価格差が約4,000円と、特別仕様車でありながらベースグレードとは価格差はほぼ無いに等しいです。価格差がほぼなしでこれだけの充実した内外装と快適・安全装備が備わっているので、同じLグレードを選択するならば特別仕様車を選ぶ方が断然お得です。

まとめ

今回はスズキが発売したアルトの40周年記念特別仕様車である「Lリミテッド」の詳細を紹介してきました。
アルトは軽自動車の中でも低価格なのが特に魅力なクルマですが、その低価格を維持しながらも充実した装備の特別仕様車を、スズキは今回発売しました。燃費性能もガソリン車ではNo.1なので、維持費も節約でき、日常の足として役立ってくれることは間違いありません。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせてみることをオススメします。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。