2019年4月17日 更新

購入費用を安く抑えたい方必見!価格重視のコンパクトカーを厳選して紹介します!

今は軽自動車でも高性能で広い室内空間を持つクルマが増えてきており、コンパクトカーの方が購入価格が抑えられることもあります。今回は価格重視のコンパクトカーを厳選して紹介します。

購入費用を安く抑えたい方必見!価格重視のコンパクトカーを厳選して紹介します!

日産 マーチ

日産:マーチ [ MARCH ] コンパクトカー | 外観・内装 (58766)

マーチは、日産が1982年から製造・販売しているハッチバック型のコンパクトカーです。現行モデルは4代目のモデルであり、2010年から販売されています。

日産のコンパクトカーのエントリーモデルでもあり、丸みのあるかわいい外観が女性ドライバーからも支持されています。車体寸法も全長3,825×全幅1,665×全高1,515mmとなっているので、全長4,000mm・全幅1,700mm近いコンパクトカーと比べると、さらに小型なので軽自動車から乗り換えられた方にも運転しやすいモデルです。

価格は1,151,280円(S)~1,589,760円(G パーソナライゼーション)になっており、軽自動車と同等かそれ以下の価格になっており、とてもお買い得です。(※NISMOモデルは除く)中古車なら100万円を切っているモデルも多く出回っています。特にベースグレードのSグレードでは、インテリジェントキーやアイドリングストップなどの装備は省かれているものの、クルマとしての基本性能は申し分ないので、こだわりのない方にはSグレードでも十分に満足できるモデルです。

トヨタ パッソ

トヨタ パッソ | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (58781)

パッソは、トヨタが2004年から販売しているハッチバック型のコンパクトカーです。現行モデルは3代目のモデルであり、2016年から販売されています。開発・生産はダイハツが行っており、ダイハツのブーンのOEM車として供給されています。

キャッチフレーズは「軽じゃないK」で、軽自動車のような小回りの利く運転性能を備えているけど、動力性能は普通車という良いとこ取りのモデルになっています。なので日産マーチ同様、女性ドライバーにも愛されているモデルでもあります。

価格は、1,177,200円(X)〜 1,474,200円(X“G package”)になっており、こちらも日産マーチ同様に軽自動車並みの価格になっています。(※MODAシリーズは除く)中古車ではほどんどのモデルが100万円を切っています。
燃費性能もJC08モードで24.4km/L・WLTCモードで19.0km/Lと高い数値になっているので、購入後の維持費もお財布に優しいモデルになっています。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツ - Wikipedia (58784)

ヴィッツは、トヨタが1999年から製造・販売しているハッチバック型のコンパクトカーです。現行モデルは3代目のモデルであり、2010年から販売されています。2017年にはハイブリッドモデルも追加され、同社のアクアと共にハイブリッドコンパクトカーとして再度注目されているモデルになります。

価格は1,181,520円(F/F“SMART STOPパッケージ”/F“Mパッケージ”)~1,787,400円(U/U“Sportyパッケージ”)になっています。(※ハイブリッド・GRモデルは除く)上位グレードではコンパクトカーの中では高めの価格設定ですが、ベースグレードならば日産マーチや同社のパッソとほどんど変わりません。中古車でも100万円前半で購入できます。
ハイブリッドモデルは1,819,800円〜(HYBRID F)とコンパクトカーの中では高い価格設定になっています。維持費を考えるならばハイブリッドモデルの方がお得に感じますが、それ以上に価格の安いガソリンモデルのFグレードの方が、購入後の維持費が多少高くなってもこの価格差ならお得だと思います。

まとめ

今回は価格重視のコンパクトカーを厳選して紹介してきました。
どのモデルもコンパクトカーの中でも小回りが利いて運転しやすいモデルであり、現在主流になっているハイブリッドコンパクトカーに比べても購入費用が安いぶんお財布には優しいモデルです。
特に日常の足としての移動手段として使いたくてクルマの細部までこだわりはない方にはこの価格帯のコンパクトカーは是非オススメしたいモデルです。
気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi