2019年7月10日 更新

レクサスがLCコンバーチブルの市販化を発表!

レクサスが、LCクーペに続くコンバーチブルモデルの市販化をGoodwood Festival of Speed2019で公開しました。同車は、Fセグメントモデルとして開発されています。このモデルの概要等をご紹介します。

レクサスがLCコンバーチブルの市販化を発表!

レクサス LCコンバーチブルの概要等

 (63298)

レクサスは、フラッグシップクーペLCのコンバーチブルタイプの市販化を発表しました。イギリス・サセックスで2019年7月4日(木)から開催されているGoodwood Festival of Speed 2019では、試作車を世界初披露しています。このフェスでは、独自のカモフラージュを施した状態でヒルクライム走行も行っています。

LCコンバーチブルモデルは、レクサスが推進するラグジュアリーライフスタイルの新たな企画として開発されて、クーペモデルと同様に、レクサスラインアップのトップとして、美の追求と感性を刺激する唯一無二の存在となるよう開発されています。

LCクーペのデザインと走行性能が調和した独創的で流麗なスタイリングに、「より鋭く、より優雅に」をコンセプトとする優れた走行性能を継承しながら、コンバーチブルモデルとして、自然との一体感や運転の気持ちよさを体感できる仕様に仕上がっていそうですね。

ヒルクライム走行では、LEXUS TEAM KeePer TOM'SからSUPER GT GT500クラスに参戦しているニック・キャシディ選手が、ドライバーとなり走行されています。LCの特徴でもあるリニアですっきりとしたステアリングフィールに、心地良い走りのリズムにさらに磨きをかけていく為に、Goodwood Festival of Speedをスタート地点として、世界各地で走り込みクルマを1番良い状態まで仕上げていくようです。

LC Convertible Conceptの画像

https://www.netcarshow.com/ (63310)

via https://www.netcarshow.com/

副社長の佐藤氏のコメントからレクサスの思いを推察

 (63299)

<佐藤 恒治 Lexus International Executive Vice President コメント>では、
「Goodwood Festival of Speedは、新旧の名車とドライバーが集う歴史ある自動車の祭典であり、自動車文化を継承・発展させる場所であると考えています。LEXUSにとってこの場に参加できることは大変光栄なことであり、2016年のフラッグシップクーペLCに続き、再びこの地でLCコンバーチブルモデルの試作車をいち早くお披露目できることはこの上ない喜びです。市販モデルの発表にも是非ご期待ください。」

レクサスLCクーペモデルは、2016年各モーターショーやGoodwood Festival of Speedでお披露目されています。コンバーチブルモデルも、クーペ同様に歴史あるフェスに登場させて、世界に周知してもらう効果を高めているのではないでしょうか。

LC Convertible Conceptの画像

https://www.netcarshow.com/ (63312)

via https://www.netcarshow.com/

レクサスがLCってどんな車?

レクサス初のFセグメントクーペモデルです。2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「LF-LC」の革新的なデザインイメージをオマージュして、新開発プラットフォームによる骨格を活かした開発となっています。

「LC500」とハイブリッドシステムを搭載する「LC500h」の2種類のラインアップしています。レクサスのFR車に展開される「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」初採用モデルです。

「LC500」パワートレインには、RC FやGS Fにも搭載されるV型8気筒 5000㏄エンジン2UR-GSE型を搭載しています。最高出力/最大トルクは、477ps/55.1kgf・mを発生しています。最大トルクは、RC F・GS Fと比べて、1.1kgf・m向上して搭載されています。トランスミッションには、新開発の10速オートマチックトランスミッションが組み合わせています。

「LC500h」のパワートレインには、新型エンジン「8GR-FXS」型搭載したマルチステージハイブリッドシステムを採用しています。システム最高出力は479psとなっています。マルチステージハイブリッドシステムは、レクサスハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初の機構となっています。

2つのモーターを使用した電気式無段変速機と4段ギアの自動変速機構(ステップAT)を組み合わせたことで、無段階変速機構からの出力自体を変速でき、パワフルな走りと燃費向上を両立させています。

レクサスのシグネイチャーデザインである巨大なスピンドルグリルに、砂時計のディテールが反復表現されて、平面視でもフロントフェンダーとリアフェンダーが張り出し、ドアパネルが絞られたように見えますね。

LEXUS LC TVCM “Awakening” 30sec.

LCクーペのインテリアは、ドライビングプレジャーと快適性を融合したインテリアに仕上げています。コックピットは、ドライバーとクルマの一体感を第一に、ドライビングポジション、ペダル配置、ステアリング傾角、シートのホールド性などを設計しています。

シフトバイワイヤシステムや、直感的な操作に対応した次世代マルチメディアを操作系に採用し、ステアリングホイールでは、握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させ、手にしっくりと馴染むように仕上げています。パドルシフトは、マグネシウム素材を使用することで、操作性と質感を高めてます。

助手席では、包み込まれる安心感に、車両前方へ視覚的に広がる、開放的な空間となるように設計されています。レザーやアルカンターラを起用し、触れて感じる素材感、使うたびに深まる心地良さが体感できるように、レクサス独自の感性とクラフトマンシップによって製作されています。

現在、メルセデスやBMWのヨーロッパメーカーでもFセグメント(以上)に属す、クーペモデルとコンバーチブルモデルがラインアップしています。レクサスでは、LCモデルでコンバーチブルを開発し、競合他社に負けないモデルを登場させたいということでしょう。

STORY OF THE LC - INTERIOR DESIGN

まとめ

LCコンバーチブルの価格は、1100万円位と予想されています。モデルサイズや価格設定からすると、メルセデスベンツではSLクラス、BMWでは8シリーズが競合してくるのではないでしょうか。レクサスブランドのオープントップモデルの上質な仕上がりが期待できますね。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me