ベントレーは、2020年モデルとしてベンティガSpeedを発表!

現在、国内ベントレーベンティガでは、6000cc W12型エンジンが搭載されています。このW12型エンジンをパワーアップし、走行性能を上げたベンティガSpeedが開発されました。このモデルのデザインやパワートレイン等をご紹介します。

ベントレーベンティガ Speedの概要等

ベントレーは、世界最速を目指したSUVモデルを開発し発表しました。モデル名は、ベンティガスピードです。最高速度306㎞/hで0-100mの到達時間は、3.9秒です。 ベンティガの中でも最も強力なパワートレインを搭載しています。これは、ベントレーコンチネンタルGT(2007年)スピードモデルから継承されて、ベンティガモデルの性能限界を押し上げたモデルです。 ベントレーSUVの最高峰となるよう開発された、ベンティガスピードのエクステリアやパワートレイン等をご紹介していきます。
https://www.netcarshow.com/ (56151)

via https://www.netcarshow.com/

ベントレーベンティガ Speedのエクステリア等

フロントビューでのポイントは、ヘッドライトの内部モジュールを敢えて暗めに設定することで、スピードモデルをアピールしている点です。さらにラジエターグリルとバンパーグリルには、通常モデルのメッキカラーと違い、ブラック化することでスピード感を印象つける仕様にしています。 バンパー下部のディテールも変更され、エッジの効いたスポーティさを表現しています。また新しくフォグランプの装備も行われています。
https://www.netcarshow.com/ (55909)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、メッキサイドラインの上部にSPEEDの刻印がインストールされています。フロントやリアの特徴的でユニークなデザインに対して、ベンティガのサイドラインは、綺麗にプレスラインを描きながらもスッキリしたディテールですね。
https://www.netcarshow.com/ (55910)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、よりスポーティに見せるルーフスポイラーが特徴的です。ベントレーベンティガのリアシグネイチャーデザインとなる、B文字のテールランプがリアで光っていますね。
https://www.netcarshow.com/ (55911)

via https://www.netcarshow.com/
10本スポークデザイン22インチホイールを搭載し、タイヤサイズは、285/40ZR22です。最高速SUVの制動力を充分確保するベントレー専用ブレーキキャリパーにブレーキローターが装備されています。 さらにセラミックブレーキは、オプションで利用可能です。ベントレーベンティガにこれまで装着された中で最大かつ最も強力な最大ブレーキトルク6,000 Nmを発生します。最高1,000°Cの温度に耐えるように設計され、さらにスチールブレーキよりも20kg以上軽量化を実現しています。
https://www.netcarshow.com/ (55912)

via https://www.netcarshow.com/

ベントレーベンティガ Speedの内装等

シートカラーとシンクロするようにドアとリム等もカラー構成されています。また助手席ダッシュサイドやサイドステップのスカッフプレートにもスピードの刻印がされています。 高級SUVとしての性能や機能を持たせながらも、メータークラスター等はアナログ表示とすることでスポーティーさもふんだんに盛り込んだ仕様ですね。
https://www.netcarshow.com/ (55913)

via https://www.netcarshow.com/
シート素材は、アルカンターラです。この素材は、以前コンチネンタルスーパースポーツなどで使用されていた高級素材となっています。シートデザインは、ダイヤモンドキルティングが施されていますね。 シートのヘッドバックレストには、スピードのステッチが施されています。さらに無料オプションでレザー仕様を選択することも可能です。 イギリスの社内職人で手作りされたベンティガの内装は、モダンなイギリスデザインの象徴です。 ベンティガスピードでは、ユニークなスタイリングラインをさらに強調するように、特別に設計された新しいカラースプリットインテリアとなっています。
https://www.netcarshow.com/ (55914)

via https://www.netcarshow.com/

ベントレーベンティガ Speedのパワートレイン等

ベンティガスピードのパワートレインは、6000㏄ W12型ツインターボエンジンとなっています。最高出力は、635psです。現行ベンティガの608psから27psアップとなっています。最高速度も301km/hから306km/hに更新され、0-100mの到達時間も4.1秒から3.9秒となり、3秒台に到達しました。 組み合わされるミッションは、8速オートマチックです。4つのオンロードDrive Dynamicsモードを装備しています。よりレスポンスを上げるために、サスペンションとBentley Dynamic Rideを最チューニングしています。 Bentley Dynamic Rideとは、
48Vシステムを利用した世界初の電気式アクティブロール制御技術です。同システムは、コーナリング時に横方向の揺れ力を即座に防ぎ、クラス最高のキャビン安定性、乗り心地、そして並外れたハンドリングを実現するために最大限のタイヤ接触を確保するシステムに仕上げています。
https://www.netcarshow.com/ (55915)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

ベントレーベンティガは、見る人が直ぐにベントレーモデルであることを認識でき、熟練の職人が仕上げた彫刻作品のディテールが高級感を連想できるモデルです。 国内現行ベンティガでは、608psで最高速度301km/h仕様です。今回2020年モデルとして、ベンティガスピードが開発されました。パワートレインは、635ps仕様の306km/hにアップデートされています。 現在ベンティガの販売価格が、¥27,860,000となっていますので、ベンティガスピードでは、3000万円近くになって来るのではないでしょうか!ベンティガスピードの登場が楽しみです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。