2018年5月18日 更新

アストンマーティンから新型DB11 AMRが登場しそうです。ニュルブルクリンク仕様とのことでモアパワーとなっていそう?!

アスティンマートンDB11から新たにニュルブルクリンク仕様のAMRが、特別仕様で発売開始の予定。本年秋までにはお手元に届きそうです。

アストンマーティンから新型DB11 AMRが登場しそうです。ニュルブルクリンク仕様とのことでモアパワーとなっていそう?!

アストンマーティンDB11ってどんなクルマ?

イギリスの自動車メーカーであるアストンマーティン社が、2016年から生産するグランドツアラーモデル。2016年3月のジュネーヴ・モーターショーで、DB9の後継としてデビューしました。

同社の「次世紀」計画で発売された最初のモデルで、ダイムラーと提携後に発表された初のモデルでもあります。

1/3の比率を目指したモデルとしても有名なようです。新しいデザインによるエアロダイナミクスが作り出すダウンフォースも特徴的なDB11。

パワートレインは、5204ccV12型ガソリンターボエンジンを採用しており、608psの最高出力を発生。ミッションは、8速オートマチックを採用。

このDB11からニュルブルクリンク仕様のAMRを開発して、市場に投入してきそうです。この特別仕様のDB11 AMRの詳細を追いかけてみます。
 (30573)

ニューモデル アストンマーティンDB11 AMRエクステリア

フロントビュー

グリル等のブラック素材に映えるようにイエローステッチの施されたバンパー下部やボンネットラインが、最大の特徴となっておりますね。

全体的に落ち着いたカラーリングの中にカーボン素材を織り交ぜたりしながらデザイン性アップや軽量化アップを行っているようです。

フロントヘッドライトもインナーカラーをブラックにしているようで、より引き締まってスパルタンな雰囲気にアップ。

サイドビュー

 (30731)

もともとDB11の開発のポイントである1/3という概念。サイドから見ても上下の1/3から全長に対する1/3とバランスを考えて設計されたことが伺える綺麗なデザイン。このデザインは、今回のAMRでも勿論継承されていますね。

2ドアクーペスタイルが、非常に綺麗なラインで形成され、美しいシルエットを表現してもいます。
https://www.netcarshow.com/ (30732)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

全体的なデザイン構成は、標準モデルに準規している印象。但しブラック基調のテールランプ等になっており、よりスパルタンなカラーリングが施されているでしょう!

ルーフカラーは、光沢のあるブラックを使用しているとの事で、全体的にブラックのカラー構成がリアまで続いているのではないでしょうか?

リアから見た歳にフロントの車高が低いことに気がつかされますね!
https://www.netcarshow.com/ (30733)

via https://www.netcarshow.com/
スリットローターにイエローカラーのキャリパーが非常に光るデザイン。ボディラインのイエローと足元のカラーリングをそろえているといった印象。タイヤは、ブリヂストンポテンザS007をチョイス。

細目のスポークブラックホイールが、足元を引き締め、中のキャリパーカラーが、映える構造。

比較的スッキリしたデザインの中で、フロントフェンダーのエアダクトがレースカーの様なデザインとなっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (30734)

via https://www.netcarshow.com/
ボンネット先端に光るアストンマーティンのロゴが刻印されており、DB11 AMRが力作であるともいえますね。
https://www.netcarshow.com/ (30735)

via https://www.netcarshow.com/

新モデル アストンマーティンDB11の内装

内装も外装とシンクロするように作られているようです。全体的にブラック基調ながらも、エクステリア同様にイエローのステッチカラーが施されていますね。

ヘッドレストには、AMRのロゴがインストールされ、このモデルが特別であると主張しているかのよう。

ルーフにステッチされたイエローラインは特別感をも演出しているのではないでしょうか?そしてシートセンターのイエローステッチは、レーシー感をも演出。
https://www.netcarshow.com/ (30736)

via https://www.netcarshow.com/
一方落ち着きとラグジュアリー感をふんだんに盛り込んだ内装として、ブラウンレザーをあしらいながらAMRの特徴としているイエローステッチを施した仕様もあるようです。
https://www.netcarshow.com/ (30737)

via https://www.netcarshow.com/

新モデル アストンマーティンDB11のパワートレイン

5204㏄V12型ツインターボエンジンを採用して、現行モデルよりもさらにパワーアップをさせ、プラス33psの約640psの最高出力が与えられているとの事。

組み合わされる、ミッションは8速オートマチックですが、出力アップに対応していくためにミッションの最適化を行い調整、排気効率を高めたエキゾーストへの調整を行っているようです。

ユーザーのハンドリング性能アップを図るためにステアリングからサスペンションやホイール、タイヤまでの一連の流れを再構築して設計。



https://www.netcarshow.com/ (30738)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

アストンマーティンDB11 AMRは、英国では174,995ポンド、米国では241,000ドル、ドイツでは218,595ユーロから入手可能で、2018年夏から秋にかけて納車されるような段取りとのことです。

日本円にすると、約2550万円ほどではないでしょうか?日本にも若干の割り当てがあるとも言われております。

アストンマーティンのシグネーチャーエディションでは、100台の限定という印象が筆者にはあります。日本への割り当てがあったとしても非常に少ない数量となりそうです。気になった方はお早めに!
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me