2018年8月3日 更新

ルノー カングー ヴァンタン(20周年)が、200台限定で販売開始!20年の歴史と同モデルの装備等を検証

ルノーカングー販売20周年を記念して、カングーヴァンタンがを販売開始。限定数量で且つ周年記念としての特別装備を盛り込んでいるとの事です。このモデルのエクステリアや内装を検証してみます!

ルノー カングー ヴァンタン(20周年)が、200台限定で販売開始!20年の歴史と同モデルの装備等を検証

ルノー カングー ヴァンタンのエクステリアデザイン

初代カングーであるカングーⅠの本国発売開始が、1998年からになっています。高さ空間の広さ、ドライバースペース、通常の貨物車とは次元の異なる直進安定性、ロードホールディング、ハンドリング等が持ち味となっていました。

日本でも2002年から販売開始になり、フランスらしいデザインにフランスらしい走行スタイル、そしてキャンプ等のアウトドアにも非常に向いていた同モデル。日本での購入層は、90%が30代のアクティブなユーザーであったようです。

2007年にモデルチェンジしカングーⅡの販売開始。初代からサイズを大きくして登場していますね。このモデルも2009年に日本へ導入され、初代同様に使い勝手や荷室の広さ等からアクティブな若年層、家族に人気が出ていますね。2016年には、100万台製造も達成しています!

このカングーⅡも数度のマイナーチェンジを受けて、初代と併せて20周年を迎えることとなりました。この20周年(ヴァンタン)を記念し、特別仕様の限定数量モデルを販売開始したようです!
 (38138)

ルノーのコンセプトは?
フランスで生まれて20年。ルノー カングー ヴァンタン。

LUDOSPACE ≒遊びの空間≒ルノー カングー。1998年にフランスで販売開始されて以来、際立った個性は20年に各国で愛され続けています。フレンドリーで、フランスらしいデザイン、家族みんなが楽しく過ごせるスペースと高いポテンシャル。遊びの空間’カングーは、乗る人をワクワクさせてくれる楽しさを20年続け、記念車を発表したと言うことでしょう!

専用エクステリアカラーのルージュ パボ Mによって、フランスの情熱を表現しているとともにカングーの個性を押し出しているのではないでしょうか???
 (38112)

ルノー カングー ヴァンタンの特別装備内容

 (38113)

同車の特別装備内容(エクステリア)
1専用ボディカラー:ルージュ パボ M
2専用ホイールカバー
3フロントフォグランプシルバートリム
4専用デカール
5ボディ同色サイドプロテクションモール
6マルチルーフレール(クロスバー機能付)・ボディ同色ドアミラーバックソナー

 (38114)

ルノー カングー ヴァンタンの内装デザイン

 (38115)

エクステリアに併せて、内装もルージュカラーをドアトリムやシートに専用採用することで、ヴァンタンにさらに特別感を与えていますね。

 (38116)

1専用ファブリックシート・専用フロントドアトリム
2専用ファブリックシート
3専用ブリリアントブラックセンタークラスター
4センターコンソールボックスレザー調リッド
 (38117)

ルノー カングー ヴァンタンのパワートレイン等

主要装備に関して
・ハロゲンヘッドランプ
・ボディ同色フロント/リアバンパー
・スピードリミッター&クルーズコントロール
・ヒルスタートアシスト、オートライト、フロント雨滴感応式オートワイパー ECOモード
・スライドドア、ダブルバックドア
・可倒式助手席、フロントシートバックテーブル
・オーバーヘッドコンソール、3連式オーバーヘッドボックス
・防塵フィルター付オートエアコン、後席エアダクト(フロントシート下)
・エクステンデッドグリップ
・ESC(横滑り防止装置)
・6エアバッグ(フロントエアバッグ・フロントサイドエアバッグ・カーテンエアバッグ)

主要緒元に関して
・ハンドル:右
・全長×全幅×全高(mm)=4,280×1,830×1,875
・エンジンタイプ:ターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
・総排気量:1197cc
・最高出力(EEC):115ps/4,500rpm
・最大トルク(EEC):19.4kgm/1,750rpm
・トランスミッション:6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・燃料供給装置:電子制御式マルチポイントインジェクション
・エンジン型式:H5F
・燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード :14.7 km/L
・タイヤ:195/65R15
・ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク / 後 ディスク
・車両重量:1,460kg
・乗車定員:5
型式:ABA-KWH5F1

まとめ

現在通常モデルのカングーゼンは、6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)仕様で2,599,000円となっております。特別専用エクステリアに内装を装備して2,659,000円となっているカングーヴァンタンは、お買い得であるのとユーザーの高揚感が高まるモデルではないでしょうか?

カングー誕生20周年モデルとなっているヴァンタンは、全国限定200台となっておりますので、お気になる方はおはやめに!!!
 (38181)

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me