2018年9月25日 更新

ポルシェ「911」新型のボディーはホワイト!アクティブシャッター&新開発ブレーキキャリパー装備!

ポルシェ「911」新型の最新情報をお届けします。

ポルシェ「911」新型のボディーはホワイト!アクティブシャッター&新開発ブレーキキャリパー装備!

最新情報!

目撃が相次ぐポルシェの911新型ですが、今度は美しいホワイトボディーで出現しました。

この最新プロトタイプを含め、ブルー、レッド、ホワイトとカメラでキャッチしましたが、微妙に変化のあるエクステリアから、仕様が異なるモデルと見られます。
フロント

フロント

今回カメラで捉えた開発車両の特徴は、新ホイール、サンルーフ、ツインエキゾーストパイプを装備しています。

さらに、「カイエン」新型で初めて標準装備された、「ポルシェ・サーフィス・コーテッド・ブレーキ」(PSCB)とおぼしき、ブレーキキャリパーが装着されているほかに、フロントバンパーにはアクティブシャッターを備えているようです。
サイド

サイド

「PSCB」はブレーキダストをほぼ出さずに、錆が発生しないブレーキ・システムです。

また「アクティブシャッター」は、走行状態に応じて、フロントエアインレットのシャッターを自動で開閉し、空力性能を高める機能です。

エンジンの冷却はもちろんですが、燃費向上も図っています。

予想されるパワートレインは、3リットル水平対向6気筒ターボエンジンで、最高出力は390psを発揮すると見られます。

また高性能「S」は、最高出力450psへと向上する可能性が高いです。

さらに、4リットル水平対向6気筒ターボが予想される「GT3」は、510ps「911ターボ」は、最高出力600psとも噂されています。

キャビンには、アウディの「バーチャルコックピット」に近いシステムを利用しています。

アナログタコメーター以外は、デジタル・インストルメント・クラスタが採用されるでしょう。
リア

リア

今後情報

911新型のワールドプレミアの場は、10月のパリモーターショーか、あるいは11月のロサンゼルスモーターショーと予想されています。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部