2018年10月16日 更新

マツダCX-5商品改良で「SKYACTIV-G 2.5T」を国内初導入、特別仕様車も設定

マツダは、クロスオーバーSUV「マツダCX-5」の商品改良モデルを11日より予約受注を開始し、11月22日より発売しました。また、「CX-5」の最上級グレードとなる特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」も同時に受注開始、発売します。

マツダCX-5商品改良で「SKYACTIV-G 2.5T」を国内初導入、特別仕様車も設定

2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載

SKYACTIV-G 2.5T」

SKYACTIV-G 2.5T」

今回の商品改良では、豊かなトルクで長距離クルージングを得意とするクリーンディーゼルエンジンに加え、北米向けの「CX-9」などに搭載されており、マツダの国内向け車種として初めて2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を設定しています。

SKYACTIV-G 2.5Tのスペック
・最高出力169kW〈230PS〉/4,250rpm、 
・最大トルク420N・m(42.8kgf・m〉/2,000 rpm

G-ベクタリング・コントロールは「G-ベクタリング・コントロール・プラス」へと進化

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47226)

また、安定感ある走りを実現する「G-ベクタリング・コントロール(GVC)」は「G-ベクタリング・コントロール ・プラス(GVC プラス)」へと進化。

ハンドルを切った際の制御に加え、新たにブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)を追加することで、旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性を向上。

高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ安心感を高めています。

さらにクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションを追加設定しており、クルマを思いのままに操る楽しさをSUVのドライバーにも提供しています。

その他の変更点

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47232)

・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加、さらに360°ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定、全機種にメーカーオプション設定
・コネクティビティシステム「マツダ コネクト」がApple CarPlayとAndroid Auto に対応(マツダとして国内初採用)
・17インチアルミホイールの塗装を、ダークシルバーからグレーメタリックに変更(形状は変更なし)
・エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新し、質感と操作性を向上
・ノーマルスピーカー車のAピラートリム表面素材を樹脂からファブリックに変更。
・ノーマルスピーカー車はAピラー根元にツイーターを追加し、スピーカー数を従来の4個から6個に増加

車両価格は2,570,400円から

特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」新設定

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47228)

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47227)

今回、最上級モデルとして設定される特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」では、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用し精緻な造り込みを行うことで、モダンさと温かみを兼ね備えた、洗練された空間を創出しています。

車両価格は3,650,400円から

特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」の仕様

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47229)

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47230)

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (47231)

・シート素材に、滑らかな感触のナッパレザーを採用するとともに、インテリア上部に黒、下部には深みのある、ディープレッドという専用のカラーコーディネーションを設定
・本物の木を素材とする「本杢」の加飾パネルを採用し、温かみのある洗練された世界観を表現
・鏡面側の縁取りをなくしたフレームレスインナーミラーにより、視野拡大と見た目のすっきり感を向上
・19インチアルミホイールに、専用の高輝度ダーク塗装を特別採用し、落ち着きと精悍さを表現
・前席シート両側に、体との間にこもる不快な熱気を吸い出す「シートベンチレーション」機能を搭載
・メーター中央に7インチTFTメーターを採用。運転に必要な情報を整理して見やすく表示
・室内照明をすべて白色LEDで統一。
・前席と後席にフットランプとイルミネーション機能を標準装備

まとめ

すでに2.0L、2.5Lのガソリン車と、2.2Lクリーンディーゼル車がラインアップされている国内向けには、採用は当分ないかと思われた2.5Lターボ車が設定されたことに驚きました。

ディーゼルエンジンへの風当たりが強い中、ハイブリッドを持たないマツダにとって打つ手は少なく、ならばガソリンで行くとこまでいこうという事なのでしょう。

今後登場する「SKYACTIV-X」とともに、この「SKYACTIV-G2.5T」はマツダのミドルレンジで中心となるはずです。

それにしても、2月に大幅な改良をされたばかりでの今回の改良。しかも、注目される技術が盛りだくさんなのですから、喜んでいいのか悔やんでいいのかマツダファンは大変です。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン