2018年7月5日 更新

20年ぶりの新型登場、ジムニーとジムニーシエラ発売開始!

スズキは、 新型「ジムニー」および新型「ジムニーシエラ」を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売しました。従来のジムニーならではのDNAを継承しつつ、走行性能の向上と安全装備を充実させた新型はどんな車になったのでしようか?

20年ぶりの新型登場、ジムニーとジムニーシエラ発売開始!
新型ジムニー

新型ジムニー

ジムニーとジムニーシエラの概要

新型ジムニーシエラ

新型ジムニーシエラ

「ジムニー」は、1970年に発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきました。同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさから、全世界194の国・地域で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍し、世界累計285万台を販売したに、日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WDなのです。

また、「ジムニーシエラ」は、軽自動車のジムニーをベースに1977年に発売され、小型車用エンジンを搭載し、海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活躍し続けてきました。そんなジムニーシリーズが20年ぶりのフルモデルチェンジで生まれ変わりました。

新型の特徴

新型ジムニー

新型ジムニー

「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承。フルモデルチェンジで乗用車っぽくなるのでは?という心配を払拭しただけでなく、そのデザインとともに初代に立ち戻ったかのように、よりオフローダーとしての頑強さをもとっています。

さらに箱型を極めたエクステリア

ジムニー スタイリング | スズキ (35139)

 (35153)

エクステリアでは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディーに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディー形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形となっています。そして、丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れ、一目で「ジムニー」とわかるデザインになっています。

また、ジムニーシエラでは、力強く張り出した材料着色樹脂のオーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュを装備して、ジムニー以上の存在感となっています。

これまでにない多彩なボディカラー

 (35142)

ボディカラーの多さも新型の特徴で、大自然の中で目的を持って行動し、用途やシーンによって的確に使い分ける「プロの道具」に相応しい、機能を持たせた車体色を新設定。「キネティックイエロー」。深い森の中で隠れる性能を追求した「ジャングルグリーン」の2つの新色を設定しています。

ジムニーには、モノトーン9色、2トーンルーフ4パターンの全13パターンを設定。2トーンルーフには、ブラック2トーンルーフ(3パターン)と、ボンネットとAピラー、ルーフをブラックにしたブラックトップ2トーンを設定。ジムニーシエラでは、モノトーン9色、ブラック2トーンルーフ(3パターン)の全12パターンを設定しています。

さらに強固になったラダーフレーム

ラダーフレーム

ラダーフレーム

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

新設計のラダーフレームは、X(エックス)メンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を約1.5倍(先代モデル比)向上させ、車体とラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムを新設計となり、乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現しています。

さらに、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備し、高い走破性能を実現。また、坂道発進時に役立つヒルホールドコントロールと、下り坂でブレーキを自動制御することで、車両の加速を抑えるヒルディセントコントロールを標準装備。加えて、悪路走行時のステアリングへのキックバックを低減し、高速走行時の振動を減少させるステアリングダンパーを新採用しています。

エンジンは、新型ジムニーには専用チューニングのR06A型ターボエンジン、新型ジムニーシエラには、軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5Lの新開発K15B型エンジンを採用しました。

「サポカーSワイド」に該当する安全装備

 (35149)

単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実させています。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能を搭載。さらに、“車両進入禁止”に加え、“はみ出し通行禁止”“最高速度”の各標識をメーター内に表示させドライバーに通知する「標識認識機能」も採用しています。

そして「スズキ・セーフティ・サポート」装着車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当することになります。

まとめ

20年間モデルチェンジされていない「ジムニー」ですが、それでもファンの間ではモデルチェンジの必要はないとまで言われてるほど、その完成度の高さに満足していました。これほど、フルモデルチェンジにより、ジムニーの良さが失われることを危惧される車も珍しいでしょう。

実際には、そんな心配をよそに新型はすべてにおいて、よりジムニーらしさを増加。各メディアも絶賛、それでも従来モデルの方が良かったと言うとしたら、実際のユーザーかへそ曲がりのジャーナリストぐらいでしょう。そして、新型の安全装備は、従来モデルでも良いと考えるユーザーにとって、新型にしたくなる最も大きな要因になりそうです。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン