2019年1月10日 更新

日本車には無い魅力、それがカングーです!

かわいいルックスながらアウトドア派には強い支持を得ているのがルノー・カングーです。日本車には無い独特の雰囲気と実用性には脱帽です

日本車には無い魅力、それがカングーです!

初代カングー

初代カングー

初代カングー

ルノー・カングーは国産の普通乗用車では類似した車種が見当たらないような個性的なクルマです。

外観上ではトヨタ・シエンタやホンダ・フリードが近いような感じもしますが、3列シートではなく、ミニバンではありません。むしろ軽自動車のハイトワゴン系の方が近いと言えるかもしれません。現在は2代目です。初代は2002年3月に日本でも発売されています。

人も荷物も余裕で搭載することができるタイプ、小型MPVというカテゴリーに属しています。MPVとは「マルチパーパスヴィークル」の略で、言ってみればトールワゴンなのですが、最近、日本ではあまり使われなくなったカテゴリーです。

欧州では、乗用モデル「カングー」に加えて商用モデル「カングー・エクスプレス」もありましたが、日本では乗用モデルだけの展開となっています。

サイズは4035×1675×1810mmとコンパクトですが、非常に車高がある個性的なスタイリングで、実用性も両立したワゴンです。バックドアは開口部が広く、上ヒンジの上開きハッチバックドアと観音開きタイプのダブルバックドアの2種類がありました。ダブルバックドアの場合は左右非対称で、狭い場所での荷物の出し入れが容易になっています。

もともと実用本位のクルマですが、愛嬌のある外観がカングーを「おしゃれなクルマ」というイメージに持っていったのでしょう。現行車である2代目は2007年に登場し、日本では2009年9月に発売が開始されました。

現行車登場

現行車

現行車

初代カングーは、その個性的な外観と卓越したユーティリティが人気で、日本ではルノー車販売台数の50%を占める主力モデルとなりました。

その2代目のカングーですが、当初は1.6L 直列4気筒のDOHCエンジン(105ps/15.1kgm)を搭載、ミッションはMTモード付き4速ATと5速MTが組み合わされていました。サイズは、4215×1830×1830mm、ホイールベースは2700mmということで、先代よりもかなりサイズアップされ、室内空間はより広く、居住性と積載性も向上しています。
上下2段

上下2段

広大なラゲッジルームは、リアシートを倒せば、さらに広い収納スペースです。ラゲッジフロアの高さは低く、荷物の出し入れは非常に楽です。更にラゲッジルームのトノボードは、高さを半分にセットすることもでき、空間を上下2段に区切った状態にして利用することもできます。使わない場合ならリアシートの背面にスッキリと収納できるのでかなり便利です。
両側スライドドア

両側スライドドア

先代モデルの特徴だったリヤ両側スライディングドア、ダブルバックドアは継続採用され、6対4分割可倒式リヤシート、助手席前倒し機構を活用することで、荷室容量は660リットル~2866リットルまで拡大できます。
オーバーヘッドコンソール

オーバーヘッドコンソール

前席天井にはオーバーヘッドコンソールがあり、後席には3連式オーバーヘッドボックスを装備しています。3連式オーバーヘッドボックスは容量が24.4Lもあり、区切りのない内部なので、長尺物を収納するのもOKです。

リア床下収納もあって、ちょっとした小物などを置くのに便利です。スライドドアのガラスはドアの内部に全部格納される全開タイプです。フラットフロアは低く、重い荷物でも楽に積み降ろしできる配慮などもさすがだと思います。
デュアルクラッチ

デュアルクラッチ

エンジン

エンジン

2016年7月からデュアルクラッチ式ATの「6速エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)」を組み合わせたモデル「ZEN・ゼン」が登場。1.2L 直噴ターボエンジンを搭載しています。

基本的には標準グレードである「ゼン・ZEN」のみの展開で、6速エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)」か、6MTが選べます。ただし時々限定仕様車も発売されます。
安全装備

安全装備

カングー 「ZEN・ゼン」6MTの安全装備は、フロントエアバッグ(運転席・助手席)、フロントサイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、フォースリミッター/プリテンショナー付シートベルト(運転席・助手席)、運転席・助手席アンチサブマリン機構を標準装備としています。

更に、ABS、ESC(横滑り防止装置)、エクステンデッドグリップ(悪路(泥道・積雪路・砂利道など)において適切な駆動力を確保するための走行モード)、ヒルスタートアシスト、ヒーター付電動格納式アミラーも装備され、充実していると言っていいでしょう。

カングーの雰囲気はカングーだけ

室内

室内

室内

室内

カングーには他にもいろいろなアイデアが盛り込まれています。カングー 「ZEN・ゼン」は6速EDCで2,599,000円、6MTで2,499,000円という価格ですから、けっして高いと感じる事はないと思います。

ハイブリッドを搭載した国産ハイトワゴンも非常に優秀なのは確かですが、カングーの雰囲気はまさにカングーでしか味わえません。フランス車カングーでいろいろな楽しみ方を体験してみませんか?
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai