2018年7月18日 更新

ママさんドライバー必読!アメリカには、車で子供が熱中症で死亡しないよう、こんなツールが

猛暑を通り越し、今や酷暑とも言うべき状況ですが、そんな中で気になるのが車内の熱中症でしょう。最近でこそ減ったものの、ひところはパチンコに親が夢中になってしまっている間に、子供が死亡してしまうという事件が続出していましたよね。そうした死亡事故は、アメリカでも発生しており、社会問題化しています。その原因となっているものも、解決の手立ても、あるツールなのです…。

ママさんドライバー必読!アメリカには、車で子供が熱中症で死亡しないよう、こんなツールが

アメリカのお天気情報サイト「落雷の死亡事故の倍近い」と警鐘

見出しのような警鐘を鳴らしているのは、アメリカのお天気情報サイト「アキュウェザー」(2018年7月15日付け)。特に、子供が犠牲になっているのですって。

サンノゼ州立大学の気象天候科学部が運営するnoheatstroke.orgというサイトのデータを典拠としています。それによると、今年になって既に23人の子供が犠牲になっています。発生しているのは15州。矢張り南部に多いとの事です。

一方、記事の書かれた時点では、落雷による死者は、大人も含め13人(全米国立気象サービス集計による)。また、こうした子供の熱中症による死亡の防止を呼びかけているKidsandcars.orgという団体の集計では、過去年平均で37人が死亡しているとの事です。

死亡する子供の大多数が3歳未満。「外気温が0度でも起きている」

全米国立高速道路安全委員会によると、何も策を講じない場合、10分ほどで車内の温度は20度も上昇するそうです。また、「子供の体温の上がるスピードは、大人の3倍から5倍だ」(同委員会)だとのことです。

驚かされるのは、こういう熱中症の死亡事故は、夏だけに限らないとの指摘でしょう。過去には華氏50度(つまり摂氏0度)の外気温でも、死亡事故が発生しているからです。

フロントガラスから直射日光が入ると、みるみる内に温度が上昇するからで、サイトでは「窓を半開きにしておいても安心できない。子供を決して車内に残さないで」と、親御さんに訴えています。

原因となっているのはスマホ中毒。ただし、解決するのもスマホ

賢明なるChibicaの読者の皆様は、「うーん。状況の深刻さは分かるけど、何が理由で、そんな長時間に渡って親御さんは車から離れてしまうの? アメリカにはパチンコ屋はないでしょうに」と思われたかと思います。

理由となっているのは、スマート・フォンなのですって。「ちょっとの間だけ」と思ったのですが、思いもよらぬメッセージが来て、ついついそれに返答とかしている内に…なのです。

ここまで指摘されると「うわー、俺も私もやってしまってるよー」とお思いの方もおられましょう。ただ、こうした悲劇に胸を痛めた、イクメンのエンジニア2人が開発したツールが注目されています。ibabyseatと言う名前の商品です。

YouTubeの公式チャンネルより

子育て支援情報サイトのペアレンツの記事(2018年7月14日付け)によると、アメリカのツイン・シティーに住む、クリスチャン・マイケルと、ライアン・ボロヴァンスキーというお名前の2人の男性エンジニアが、自分達にも子供が生まれ、イクメンとして何かできないかと思って開発したそうです。

コンセプトは至ってシンプル。車のベビー・シートに、マグネットでツールを装着するだけ。このツールにはセンサーが付いており、スマートフォンと通信連動しています。

そして、ドライバーがうっかり子供をシートから降ろさずに車から降りた場合、30メートル離れた時点でスマートフォンに警報を発します。

それでも気づかない場合は、アプリの方で自動的に911(日本の119番に相当)に通報します。また、GPS機能が付いていますので、車の一は直ちに割り出せます。よく出来た仕組みですよね。

なお、お値段は30ドルとのことです。今年10月から、アメリカのスーパーマーケットなどで販売予定だそうです。また、Twitterに公式アカウントを設置して、プロモーション活動を行っています。
また、前出のアキュウェザーによりますと、WazeというアンドロイドとiOSの両方で使えるアプリがあるそうです。

車が目的地に到着した際「お子さんを車内に忘れないよう」と警告を発してくれます。スマートフォンが原因で事故が起きているのなら、スマートフォンで決着をつけようとなりましょうか。

まとめ:日本で該当ツールを検索しても、ノーヒット。良いのかそれで

なお、グーグルで「子供 車 熱中症 死亡 防止 ツール モバイル」のワードで完全一致モード検索しても、こうしたアメリカのツールと類似するものはヒットしませんでした。

アンドロイドで「熱中症 車」で入力検索しても、同様でした。iOSアプリだとあるのかもしれませんが…。何だか心配になってきました。

大丈夫なのそれで?どこかのメーカーが開発するべきでは?? 需要があると思えるのですけど。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373