ポルシェ「カイエン」に初の「クーペ」が登場?派生モデル以上のスペシャルモデルに!

ポルシェ「カイエン」の最新情報をお届けします。

最新情報!

ポルシェのクロスオーバーSUV、「カイエン」に初のクーペが設定されることが確実となりました。 その最初のプロトタイプをカメラで初めて捉えました。
 (38611)

サイド

サイド

リア

リア

数年前から噂のあったクーペですが、その実車のリアウィンドウはかなり寝かされ、ルーフがトランクリッドまで一気に伸びているファストバックスタイルです。 また4ドアであることも分かります。またフロントガラスは「カイエン」より傾斜を持ち、可変式リアスポイラーを装備して、ナンバーはバンパーへ移動されています。 さらにテールライトのカモフラージュから、専用のデザインが与えられると予想され、派生モデルを超えたスペシャルモデルとなる可能性があります。 キャビンには、インターネット接続可能な「ポルシェ・コネクト」を備える12.3インチタッチスクリーン・インフォテインメントシステムを装備して、プレミアムサウンドシステムが搭載されます。 プラットフォームには、フォルクスワーゲングループの「MLB Evo」を採用し、流れるようなボディラインを手に入れる代わりに、後部座席の居住空間、ラゲッジルームの容量の減少は避けられないでしょう。 パワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンの他、4リットルV型8気筒+電気モーターのハイブリッドモデルがラインアップされ、最高出力は680psを発揮します。 8速ティプトロニックSオートマチックトランスミッションと組み合わされます。駆動方式は全輪駆動が標準装備となるでしょう。

今後情報

ワールドプレミアは、2019年後半と予想されていて、アウディ「Q8」、BMW「X6」、メルセデス「GLE クーペ」などと戦うことになると予想されています。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。